元文系営業マンが自動会話(チャットボット)の開発エンジニアに転職した話③〜面接編〜

前回の記事では転職準備の話をしたが、今回は面接を中心に転職の話したい。
面接を受ける時も気をつけたいポイントをお伝えする。

面接の話し方で気をつけること

「面接が苦手で…」という人は非常に多い。
ちょっと根暗気質が多い(偏見)エンジニア志望の人ならなおさらだ。

ボク個人は割と面接は得意なので、この辺りはしっかりとコツをお伝えしたい。

といっても、志望動機とか転職理由を考えろ的な当たり前の話をしても意味がないので、もう少し踏み込んだ話をしたい。

ざっくりまとめると、以下の3点がポイントだ。

1.自分が話すことばかり考えない
2.結論から話し、ダラダラと話さない
3.見栄をはらず、嘘をつかない

どれも会話コミュニケーションにおける本質に関わる部分だ。
それは、「会話はキャッチボールであること」「キャッチボールの回数はコミュニケーションの質に比例する」、そして「信用がすべて」というものである。

面接に限らずディスカッションやデートでの会話でも、ダメな人ほど「自分がいかに何を話すか」ということばかり考えている。
つまり、相手のためではなく、自分のために話しているのである。

基本的に面接は、自分ではなく相手、つまり面接する会社のためにある。
それなのに、自分のために話をしていては、落とせる相手も落とせない。

もちろん、転職や志望の理由など事前の準備は必要だが、すべてシュミレーションして、丸暗記しても意味がない。

こういったコミュニケーションの本質を考えれば、意識すること、改善すべきことはいくつも見えてくるだろう。
もちろん、こういったことを何もかも最初から完璧にこなすことは不可能なので、何度か面接をするうちにコツを掴めば良い。

例えるならば、「コミュニケーションのアジャイル開発」である。
自分のコミュニケーション不完全さを受け入れて、徐々に上げていければそれが一番いいやり方である。

というところで、感情論的な話ばかりでもアレなので、僕が参考にした面接の記事を共有したい。
イチから面接のスキルを身に着けていては時間がかかるので、有益な情報を得て効率的に学ぶことはとても大事。

「コミュニケーションはキャッチボールである」という本質に基づいて、面接をやっている側の人の情報を入手するのが良いだろう。
というわけで、けんすうさんの記事を共有しておきたい。

– 面接の時に聞いてよかった質問と、意味がなかった質問をまとめてみた(『けんすう』こと古川健介)
https://www.wantedly.com/companies/Supership/post_articles/52240

技術の質問について

さて、未経験だとこの辺りが難しいのだが、技術の話を面接をする人(とくに現場エンジニアが相手であれば)にどう伝えるか、という話に進みたい。
気をつけないといけないことはたくさんあるのだが、とにかく大事なのは「わからないことは”わからない”と言う」ことだ。

いかに君が勉強を頑張っていたとしても、相手はプロのエンジニアである。
底の浅い知恵で取り繕ったところで確実に見破られるし、その時点で「コイツはやばいときに、隠しごとをする人間だ」と思われてしまう。

面接にこぎつけている時点で、未経験であることは相手に伝わっている。
つまり、未経験であることは前提で、面接する側としては「伸びしろ」を見たいわけだ。

だから、技術の深い話ができないのは全く問題ではない。
なぜ面接でそういう質問をが来るのかといえば、当然技術水準を図るためなのだが、問題ではないそちらの話をカバーして、重要な「伸びしろ」を捨てるリスクを取るのは合理的ではない。

そうつまり、技術の質問は実は技術の話ではなく、答える相手の人間性を見ていたりするのだ。
「未経験である自分が、何を武器にしてどうすれば会社に貢献できるか」が大切なのである。

なので、技術の話は自分の作ったサービスの話を整理できていれば問題ない。
なぜこれは重要なのかというと、「自分はコピペエンジニアじゃないよ」っていうのを伝えるためである。

コピペエンジニアの何がダメなのか、というのはここでは割愛するが、技術へのこだわりや責任感にかけている可能性があるからだ。

– コピペプログラミングの本当のダメな理由
https://qiita.com/NagaokaKenichi/items/e855b944f4b427a911e8

面接で技術的な話で伝えるべきは、まぁその程度だ。
それ以上に気にする会社は、黙ってても選考段階でテスト課題やGithubの開示を求められるので、そのときに対応すれば良い。

最後に

さて、面接についていろいろと話をしたが、面接で苦戦する人は結構多い。
だからこそ、小手先の技術ではなく、根本となるコミュニケーションの話を中心にした。

おそらく、この記事を読んでくれているような比較的若い方は、新卒での就活の嫌な思い出が蘇ってくる人が非常に多いだろう。
だが、心配しなくて良い。転職活動は、新卒のくだらない就職活動とは全く別のものだ。

何も取り繕う必要なんて全くなく、自分が本当にやりたいことを追い求められるのが転職である。
インターネットの海の末端にあるこの記事にたどり着くほど、必死にもがいて情報を探しているキミなら、きっと大丈夫だ。

皆さんにはとんだ化かし合いではなく、今度こそ自分に嘘をつかない、悔いの無い転職をしてほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.