Qiitaがソシャゲで有名な『エイチーム』によって買収

エンジニアみんな大好き”Qiita”を提供する企業『Increments』が、”ダービーインパクト”や”ヴァルキリーコネクト”などのスマホゲームで知られる『エイチーム』に買収された。

ニュースを見れば分かる通り、Increments自体は数千万レベルだが営業損失を抱えている。
ファイナンス的には短期的な売上・利益の向上ではなく、長期的な視野で見た買収事案と言えよう。

また、事業面から考えても、ソーシャルゲームとエンジニアのコミュニティサイトは直接関わりのない業態であるため、狙いとしては協業による相乗効果というより、”Qiita”を手に入れることによるエイチームの企業価値向上であろう。

なので、買収こそされたが、Qiitaの使い勝手やデザインが一気に変わるということは無いはずだ。
Qiitaをエイチームの事業と直接繋ぐ必要もなければ、現在利用しているユーザにインパクトを与える意味も特に無いからである。
(自社のゲームの広告が多めに入るぐらいはあるかもしれないが)

とはいえ、エイチームとしては14億という金を払って買収したQiitaを、ただ所有しているだけではあまり意味が無いので、手に入れたコミュニティを有効活用する方法を色々と検討しているはずだ。

比較的水モノであるソシャゲ企業の資本がバックに付いたことで、今後のQiitaがどうなるのか、多くのエンジニアは気がかりになるだろう。

エイチーム、プログラマ向け情報共有サービス「Qiita」提供元のIncrementsを約14億円で買収

<概要>
ソーシャルゲームを始め複数のWebサービスを展開するエイチームは12月22日、プログラマ向けの情報共有サービス「Qiita」などを提供するIncrementsの発行済株式の100%を取得し、連結子会社化することを明らかにした。
取得価格は総額で14億5300万円。内訳は株式が14億4600万円、アドバイザリー費用などが600万円。
株式譲渡は2017年の12月25日を予定している。
Incrementsは2012年2月の創業。Qiitaに加えてチーム内情報共有ツール「Qiita:Team」の開発・運営を行っている。
http://jp.techcrunch.com/2017/12/22/ateam-increments/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください