不倫は時代遅れ!複数人と関係を築く「ポリアモリー」という概念

この概念、すごくいいなぁ。

僕は一ブロガーとして、結婚という古臭い概念普段からとてもバカにしているのだけど、この制度を奨励する者を論破するのは簡単すぎるというか、あまりに意味のない行為だ。
なので、結婚に代わる(アップデートさせる)ような概念や制度を積極的に探しては、インターネットの末端であるこのブログで啓蒙している。

結婚に限らず多くの制度やモノは、幸せな人生を送るためのあくまで”ツール”でしかないはずだ。
にも関わらず、それらの多くはそれ自体が目的化していて、「そろそろ結婚しなきゃ」とか「とりあえず家でも買っとくか」的な判断をする人はすごく多い。

まぁ100円とか1,000円でそれが手に入るのならそれで結構なのだが、実際には離婚するのにめちゃくちゃ金を取られたり、何十年もローンを組んだりしてしまうわけで。
サピエンスは、もっと少し人生やお金について真剣に考えて、一度しか無い人生の幸せを追求するべきなのだ。
(もちろん、それは僕自身だって例外ではない)

ポリアモリーについて

さて、タイトルの「ポリアモリー」に話を戻そう。

のっけから偉そうに講釈をたれた僕だが、僕もこの概念はこのニュースを見て初めて知った。
どうやら去年(2016年)ぐらいから一般に話題になりだした概念のようだ。

Wikipwdiaにも「ポリアモリー」の項目はあるのだが、最近の概念だけあって内容がすごくしょぼい
もう少しインターネットで調べてみると、良い考察ページがあったので引用してみる。

「ポリアモリー(polyamory)」とは、ギリシア語の「複数」(poly)とラテン語の「愛」(amor)に由来する、アメリカで造られた造語。
つきあう相手、親密な関係を同時期に、一人だけに限定せず、全ての関係者が全ての状況を知る選択が可能であり、全員がすべての関係に合意している、という考え方に基づく行為、ライフスタイル、または恋愛関係のことを指す。
一般的に複数の人と性愛関係を持つというと、浮気や不倫と変わらないと思う人もいるかもしれないが、大きく違う点がある…
-複数人と同時交際「ポリアモリー」な女性たちが急増中 浮気や不倫と違う新たな愛の形とは
https://mdpr.jp/column/detail/1553196

そんなこんなで色々と調べてみた結果、”ポリアモリー”を論じる上で、押さえておきたい重要なポイントを挙げてみた。

1.全ての関係者に複数の交際をオープンにしている
2.男女間で権力関係がなく、お互い平等に複数交際をしている
3.交際相手への愛情に順位がなく、扱いは平等である
4.全ての関係者が、その交際に合意している

浮気不倫との違いは、ざっとこんなところだ。

相手に他の交際を隠していたり、複数交際を片方の人間だけがしていたり、相手の複数交際を許さない、というのは許されない。
つまるところ、”平等”や”オープン”あるいは”合意”というのが、キーワードとなるであろう。

そもそも生物学的・社会学的に言っても、人間をはじめとする動物の多くは一夫多妻制的な性愛関係を本来取り得るものではない。
これから多様化する結婚・恋愛関係の新しい形の一つといえるだろう。

”ポリアモリー”、その是非

この”ポリアモリー”も、他の新しい結婚や恋愛の形の例に漏れず、議論になりそうな雰囲気がある。

この手の議論になるたび毎回思うのだが、そんなに気に入らないなら、無視して従来のレガシーな恋愛をすればいいじゃないかという話だ。
それに、レガシーシステムに欠陥が全然ないのならまだしも、実態はそんなことなくて、結婚したカップルの3割は離婚する(=半分近くは後悔している)のが現状なのだ。

映画やドラマ、小説における恋愛の多くが「運命の出会いから一人の人に一途で〜」みたいなストーリーである現実をみると、レガシーなシステムが目指すものは確かに美しいものかもしれない。
それをいかに美しく描くのかが、エンターテイメントのひとつの重要なテーマともなっているわけだ。

そんな風潮を否定するつもりこそ無いが、ひとつの相手や家庭に拘泥すると、失ったときの喪失感が大きくなってしまうリスクだってあるわけだ。
(実際に、そのような映画やドラマ・小説では、恋人を失った主人公が自殺したり病んじゃったりする)

それは、投資の初心者が一つの銘柄に全財産を掛けたりするようなもので、ある程度分散させるのがリスクヘッジとしては(いやな言い方だが)考え方としては正しいのではないか?

といっても、仮説は実証して初めて真実となる…と表現するのはいささかやり過ぎだが、「うまくいくか、やってみないと分からない」というのは科学も恋愛も変わらないのだ。

なので、僕の結論は「問題ないので、バンバンやってください」である。
今までと同じ結婚制度を使ったってどうせうまくいかないんだから、恋愛でもガンガン挑戦すればいいじゃないか。

もう“不倫”は時代遅れ?! 複数人と性愛関係を築く「ポリアモリー」とは

<概要>
浮気でも不倫でもなく、複数人と性愛関係を築く新たな恋愛スタイル「ポリアモリー」。
SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』では「たくさん愛しちゃダメですか?~ポリアモリー・不倫・結婚てナニ?~」をテーマに、実際に複数人と関係を持つ当事者たちが赤裸々に語った。
現在3人の男性と交際中だというけいさん(仮名)は複数の恋人それぞれに、複数交際ということをオープンにしている。
さらに、恋人のうち1人の男性には、けいさん以外にも彼女がおり、その彼女もけいさんと付き合っていることは認知しているという。
不倫、浮気、複数交際……関係を持つ全員が合意の上で成り立つ“ポリアモリー”という関係。
ポリアモリー研究者の深海菊絵さんは「そこに権力関係がもともとあるかないかも大きい。ポリアモリーは“男女平等の上で”というのが1つのポイントになる」と分析した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170701-00010001-abema-soci

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。