ストックオプションってもっと流行ってもいいよね。

日本じゃ全然聞かないけど、ストックオプションって結構大事だよね。

言ってしまえば出世払いなんだけど、それってつまり成果と直接リンクしてるわけで。
シリコンバレーでは、創業時の顧問会計士や弁護士への支払いもストックオプションで行われると聞く。
会計士や弁護士も、収益を最大化させるため、契約した企業のために奮闘する。

経営者と関係者のゴールが一致することが、ストックオプションの強み

あと、サラリーマン上がりの経営者にも疑問を感じる。
「現場を知っている」というだけで、いわば現場主義的に経営を考えることは危険であると考える。
理由は簡単で、営業や技術と経営は、全く違うものだと思うから。

ていうか、ぶっちゃけ「現場を知っている」のが強みっていうのは、経営者を支えるサラリーマンの感情論が占めるところが多いと思うんだ。
だからこそ、ストックオプションのように、サラリーマンに関係ないようなタイプの報酬が流行らないのもあると思うが…

http://agora-web.jp/archives/2023700.html

<概要>
会社の経営陣である取締役は、株主総会の委任を受けて経営に従事する者で会社に雇われている従業員とは法的性格が全く異なります。

前者が委任契約であるのに対し後者は雇用契約です。
取締役には善管注意義務と忠実義務があり、経営のプロとして全力で株主の期待に応えなければなりません。

そのようなことから、取締役報酬(役員報酬)は株主総会の決議で決められます。

もっとも、総会では総額を決議するだけで、各取締役に具体的にどれだけ配分されるかは取締役会に委ねられています。
昨今は上場企業の年俸が1億円以上の取締役の名前の公表が義務付けられており、日産のゴーン氏の報酬の高さが注目されたりしています。

さて、この取締役報酬はどのようにして決めればいいのでしょうか?

http://agora-web.jp/archives/2023700.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。