ホンダとGoogleが提携するけど、これホンダが不利なんじゃね?

うまくいくかは置いといて、これって詰まるところ「スマホ」と「Android」と同じような関係性になるんじゃないかと。
ここでいうと「スマホ」がホンダで「Android」がGoogleね。

んで、今の「スマホ」と「Android」の関係性を整理してみると、Googleがかなり有利なんじゃないかな〜、と思います。

理由は、ハードウェアよりもソフトウェアの方が優位性が高いから。

あのGoogleが、開発したOSなりソフトウェアなりをホンダだけに使わせる理由はありません。
他のメーカーにも提供します、ってかオープンにすらするかもしれません。

現状はAndroidのシェアが85%前後を占めて独占しているけど、メーカー側は1位のサムスンで20%、その他群雄割拠しマーケットは飽和していて、いうまでもなく利益率も良くない状態にあるよね。

同じようなことが自動車産業でも起こると思います。

「自動車産業はスマホと比較して、メーカーがそこまで多くないから市場競争が少ないし大丈夫じゃん?」て結論に至りそうなんだけど、少し先の未来を考えると、それも少し違うかも。

現状はガソリン車が多いからメーカーが少ないだけであって、電気自動車に置き換わった場合は、自動車の構造が超超超超超超*10 単純になる。
極論、ラジコンとかミニ四駆とかに近づくわけ。エンジンとか何やらシャフトとかいらないわけ。

となれば、自動車メーカーにもガンガン新規参入が起こるはずで、ハードウェアを作っているメーカー側が割りを食っちゃうんじゃないかなぁと。

そうなる前に、ホンダは何らかの手を打つ必要があると思います。

まぁ、それが全然思いつかないわけだけど。笑

以上、駄文失礼しました。

ホンダとグーグルが連携へ

<概要>

ホンダは22日、米IT大手グーグルと、ハンドルやアクセル、ブレーキの操作が一切いらない完全自動運転の実現を目指した共同研究の検討を始めたと発表した。

実現すれば、ホンダは日本メーカーとして初めて、自動運転の研究で世界でも先行しているとされるグーグルと手を組む。

 共同研究は、ホンダ子会社の本田技術研究所と、グーグルが自動運転の研究開発部門を別会社化して設立した「Waymo(ウェイモ)」(米カリフォルニア州)の技術チームが進めることを検討している。

https://this.kiji.is/184425743255176696?c=113147194022725109

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。