近大のアグレッシブさ、他の大学にも見習ってほしいね

実は、ここのOBです。笑

近大の良いところは、バリバリ稼ぎに行くアグレッシブな姿勢だと思います。

なんか日本だと、大学が稼ぐのってあまり良いイメージ持たれませんが、研究するのには資金が必要になるのは当然で。
国の資金をアテにして振り回されることなく、自分でゴリゴリ稼いで投資するのはすごく重要なこと。

ちなみに、売り上げの多くは大学病院のもので、近大マグロはまだまだ途上。

広告宣伝費はむしろ減少傾向らしく、実力で話題になってる証拠と言って良い。
http://president.jp/articles/-/17492?display=b

アグレッシブで思い出したけど、私の卒業式で堀江貴文氏の伝説のスピーチが聞けたこと。

あれは嬉しかったなぁ。
今でも一字一句思い出せます。食い入るように聞いてました。

堀江氏が「未来を恐れず〜」って言う前に噛んだことを知ってるのなんて、あの場にいた人達ぐらいじゃないでしょうか。笑


(動画をよく見るとカットされてるよね)

堀江氏を卒業式に呼ぼうと考える大学なんて、日本に近大ぐらいしかないでしょ。

近畿大学のこれからの戦略に期待してます。

以上、駄文失礼しました。

近畿大学が志願者日本一になった意外な理由

<概要>
日本中に数多くの大学がある中で近年、急速に志願者数を伸ばしてきたのが近畿大学。

「近大」の略称で呼ばれることもある、大阪府東大阪市に本部を置く関西の私立大学だ。

大学通信によれば、近大の今年の志願者数は11万9915人と昨年より5.5%増加。
2位の明治大学を押さえて、3年連続で日本一の座に輝いた。
実は過去10年で志願者数を2倍以上に伸ばし、10年前の10位から急速に台頭した。

この事実を意外に思う人も少なくないかもしれない。

大学を選ぶ理由は人それぞれながら、多くの学生が知名度、偏差値、就職率などを第一に考えるといわれている。
この点で近大は明治大学や同3位の早稲田大学、同4位の日本大学などといった関東の有名マンモス私大だけでなく、「関関同立」と称される関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学という関西私立のトップ校を押さえるという大奮闘を見せている。

文部科学省によると、1992年には約205万人だった18歳人口は、2014年には約118万人にまで減少してきている。
人口が減少しているにもかかわらず、私立大学の数は増えていることから、希望者数が入学定員総数を下回る、全入時代に突入するといわれているのが現状だ。大学は生き残りをかけて戦略を進めていかなければいけない。

http://toyokeizai.net/articles/-/148300

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。