民泊営業、年180日を営業日数の上限に設定

え〜と、誰の、なんのための「180日」縛り?

多分だけど、一般の「旅館業者」が宿泊の第一候補で、「民泊業者」はホテルや旅館が埋まってた時に候補にあがるもの、って考えてるんじゃない?

そのセンスが違うんじゃないかな〜。

僕は関西居住だけど、例えば、大阪市内だと全然ホテルに空きがなくて、海外旅行者は奈良とか和歌山のホテルに泊まって、朝早くにバスで大阪まで来てるんだよね。

それで我慢してくれるうちはいいんだけど、そのうち「日本は都会でも不便だし行かなくていいや」ってなっちゃうよ。

それに、一年のうち半年しか営業できないなんて、ガチでやってる民泊業者は結構きついと思うが。
国と民泊業者で共倒れしないように。

以上、駄文失礼しました。

民泊営業、年180日を上限に 違反なら業務停止も 国交・厚労省、新法に明記へ

<概要>
国土交通・厚生労働両省は住宅に旅行者を有料で泊める民泊の年間営業日数の上限を年180日とすることを決めた。

違反すれば業務停止命令などの行政処分の対象となる。
来年の通常国会に提出する新法に盛り込む。

旅館やホテルに一定の配慮をしつつ、法的に住宅とみなせる上限の日数の営業を認め、訪日客の受け皿にする。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS03H04_T01C16A2MM8000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。