AWS、年次イベントで「Amazon AI」などのサービスを発表

超よさげ。

どんなエンジニアでも簡単にAIなどを使える共通基盤は、今後のスマート化の流れの中で確実にニーズあるし。

開発基盤を共通のものにするのって、めっちゃ基本的で重要だと思う。

昔は電気だって、工場とかは建屋に併設で発電機なんかがあったけど、電力網が発達してからは無くなっちゃったよね。

同じようなことが、今度はインターネットで起こっているんだ。

少しずつ時間はかかるけど、みんなが使う業界のスタンダードになるだろうね。

ますます手放せなくなりますなぁ。

以上、駄文失礼しました。

Amazon.comのAWS、年次イベントで「Amazon AI」など多数のサービスを発表(まとめ)

<概要>
米Amazon.com傘下のAmazon Web Services(AWS)は11月30日(現地時間)、ラスベガスで開催の年次イベント「AWS re:Invent 2016」で、多数の新サービスを発表した。

本稿では発表されたサービスについて簡単に紹介する。詳細は各サービス名のリンク先を参照されたい。

「Elastic GPUs for EC2」

仮想プライベートサーバ「Amazon Lightsail」

人工知能サービス「Amazon AI」

解析サービス「Amazon Athena」

「Amazon Aurora」がPostgreSQL互換に

トラックで大規模データを移送する「AWS Snowmobile」

FPGA利用可能な「Amazon EC2 F1」インスタンス

AWSの売り上げは好調で、直近の業績発表によると、AWSの売上高は前年同期比55%増の32億3100万ドルだった。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1612/01/news071.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください