トランプ大統領決定から一夜明けて…相場が影響受けてるねぇ

ついにアメリカ大統領、トランプに決まったねぇ〜。

個人的には、ヒラリー:トランプ  = 6 : 4 ぐらいでのヒラリー推しだったんで、少し驚いてたり。

それにしても、いろんなところに影響出てるね。

うねる日経平均

特に激しいのが日経平均市場。

トランプ優勢、もしくは決定した瞬間は激しく落ちたんだけど

「トランプショック」 日経平均株価、一時1,000円以上下落
開票が続くアメリカ大統領選で、トランプ氏優勢との見方が強まったことから、9日の東京市場は日経平均株価が、一時1,000円以上下落する展開となった。

「トランプショック」は、市場に大きな波乱をもたらし、急激に円高・株安が進んだ。

東京外国為替市場の円相場は、朝方、1ドル = 105円前後で取引されていた。
トランプ氏優勢が伝わると、午後、一気に円高に傾き、一時、101円台に突入した。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00341327.html

一夜明けると、V字回復したらしい。笑

やっぱり相場って意味不明だわ。

東京市場が1日でV字急回復 東京株900円超高、円106円付近 トランプ氏への期待高まり
米大統領選に勝ったトランプ氏への期待が高まり、10日の東京市場は1日でV字回復を見せている。

前日午後に101円台前半まで急騰した対ドル円相場は105円後半へと大きく円安ドル高に転じた。

前日に終値919円安と暴落した日経平均株価は、寄り付き後に900円超高と急反発した。
http://www.sankei.com/economy/news/161110/ecn1611100005-n1.html

トランプへの期待が高まった」って考えは違うと思ってて、理由は1日目に相場が暴落した事の説明がつかない。

それに未だトランプからの主だった公式声明もなく、特にイメージが変わった感じもないしね。

原因はよくわからん。笑

まぁ相場なんて些細な事で変動するし、こういうもんだと割り切るより他ないか。

上がる分野下がる分野

さぁ〜、そこで気になるのはどの分野の業界が伸びるのかってとこ。

結構みんな分析してるねぇ。

一部引用します。

クリントンが大統領になることを想定して売られた株を買え!
薬品・バイオ株は、「薬価高騰問題に対して厳しい態度で臨むことを明らかにしているクリントンが、次の大統領になる」という思い込みから、ボコボコに凹まされています。

また、「クリントンは銀行セクターに対しても厳しい対応をする」と考えられてきたので、そのリスクが消えた銀行株も買いです。

逆に、「クリントンが積極的なインストラクチャ投資を公約していた」ことで上がっていた資本財セクターは、今後、値下がりするリスクがあるので要注意です。
http://diamond.jp/articles/-/107459

クリントン前提で市場が動いていたところがあるので、それで株価が下落してたジャンルは、持ち直す可能性もあるっぽい。

私は株はやらないので、外野から見ているだけですが…笑

株、特に上場株って全く予想できないし、なんでもない噂とかでも価値に影響出ちゃうんで、実はそこそこリスキーなんじゃないかなぁって思ってるんですよねぇ。

先日紹介した「株式投資型クラウドファンディング」なら、結構分散できるし、いいなぁと思いますが。
(http://www.sm-walker.jp/2016/11/04/01-164/)

最後に

政治はぶっちゃけ詳しくないですが、Newspicksとか見てると、早速手のひら返しが行われてるっぽいですな。
https://newspicks.com/news/1883138?ref=pickstream_613311

別にそれがダメって言ってるわけじゃなく、むしろ正しい姿だと思う。

自分の支持通りかは置いておいて、決まったものは変えられない

そこをグダグダ言うヒマがあるなら、パッと切り替えて、少しでも得ができる(損をしない)ような動き方を取るべきじゃないかなぁ。

トランプ大統領、やるなら頑張ってね。

以上、駄文失礼しました。

東京市場が1日でV字急回復 東京株900円超高、円106円付近 トランプ氏への期待高まり

<概要>
米大統領選に勝ったトランプ氏への期待が高まり、10日の東京市場は1日でV字回復を見せている。

前日午後に101円台前半まで急騰した対ドル円相場は105円後半へと大きく円安ドル高に転じた。
前日に終値919円安と暴落した日経平均株価は、寄り付き後に900円超高と急反発した。

日経平均株価の10日の寄り付きは、前日比311円32銭高の1万6562円86銭。
その後、すぐに上げ幅が800円を超え、前日に割り込んだ1万7000円台を回復した。

午前9時10分現在は、953円高の1万7204円。

日本時間9日の外国為替市場では、米大統領選でのトランプ氏優勢を受けて、朝方の105円前半から午後に101円前半まで円が急騰した。
しかしトランプ氏の勝利が確実視されると、一転してトランプ氏への期待からドルが買い戻され、円安ドル高に。

きょう10日の午前9時すぎには106円付近へと前日よりも円安が加速している。

http://www.sankei.com/economy/news/161110/ecn1611100005-n1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください