読書管理アプリ「Bksrap(ブクスラップ)」がめっちゃ良い件

(画像はBksrap様より拝借しております)

さー、読書の秋

僕は元々本読むのがめちゃ好きなのもあり、秋になってからは本を読むスピードに拍車がかかってます。

今まであまり読む気になれなかった、経営者の本(自伝的な)を読むようにしているのだ。

こういう本って、結構長いし、意味のない記述も多いんで、普段あんまり読む気にならないんだよね〜。笑

てことで、ず〜〜〜っと積読だったジェフ・ベゾス(Amazon)の本をノリノリで今読んでるところ。(今更)


まだ途中までしか読んでないけど、ベゾスもジョブズとかと同じ匂いがするね。

全然妥協せず、周りを気にせず目的に向かって突き進む

常軌を逸した執念こそが、世界を変えてるんだなぁって改めて思ったよ。

さて、そろそろタイトルのアプリの話に戻そう。

本読むときに、読書管理アプリとかサービスって色々あるけど、みんな使ってるんかなぁ?

有名どころだと、「ブクログ」とか「読書メーター」とか。

・ブクログ
http://booklog.jp/

・読書メーター
http://bookmeter.com/

あとはAndoroidの「蔵書マネージャー」アプリとか。

まぁ色々とあるんだけど、最近(Twitterで)出会ったサービス(スマホアプリもあるよ)があって、めっちゃ良いので紹介してみる。

Bksrap(ブクスラップ)」っていうサービスなんだけど…
(https://www.bksrap.net/)

まだサービス開始したばっかりっぽくて、未完成なところもあるんだけど、読書管理アプリに求めるものが揃ってる感じ。

ここまで使ってみての感想を書いてみる。

「Bksrap」の良いところ

■おしゃれでカッコいい

いきなりミーハーなところから入った感じですけど、これってむっちゃ大事だと思ってて。

「ブクログ」とか「読書メーター」って、デザインはお世辞にもカッコよくないんだよね〜。

あんまりイケイケじゃない、いかにも本好きな人が作ったって感じ。
(別にディスってるわけじゃないよ)

それと比べると、Bksrapはアイコンや色使い、インターフェースが磨かれててかなりカッコいい。見やすいし。

アプリアイコンもかっこいいしね。ホーム画面に並べときたい感じ。
jils6bhl_400x400

ホーム画面に並べたいアイコンかどうか」っていうのは、スマホアプリにとって超大事だと思います。

■読書の足跡を明確に残せる

この手のサービスだと読書メモや感想を残すことができるのは当然なんだろうけど、Bksrapは一味違うのだ。

何が違うのかというと、「章」や「掲載ページ」「写真」ごとに情報を紐づけて、メモ(アプリ内では”スクラップ”と読んでいる)を残すことができるのだ。

本の内容を全般的にメモするのってだるいし、何より忘れちゃうんで、段階を分けて細かくメモを、それも掲載箇所を明記して残せるのはいいと思う。

同じような感じで、本のページを写メってアップできるんだけど、これは「思い切ったなぁ」と。

というのも、本の内容が丸々出ちゃう可能性があるから、読書好きからは”グレーゾーン扱い”っぽいんだよね。

でも、そこを恐れずにやってくれるあたりが「いいね!」と思う、

グラフとか表・絵を残したい時って、今まではどうしようも無かったんだけど、それを可能にできる。

それも、感想やメモと一緒にね。

■本気のリマインド

最後になったけど、これがいちばんの特徴だと思う。

“スクラップを残して、一定期間経つと、定期的に読み返す通知が出る”のだ!(ばばーん)

読書メモとか、普段から割と残すようにしてますけど、読み返すことって結構稀になっちゃうのね。

このアプリは、そんなサボりを許しません。

「そろそろ忘れる頃やろ?スクラップ読み返せやオラッ」

と言わんばかりに、通知が来て、読むように催促される。

こんな風に読み返しを習慣づけることで、忘れることを防ぎます。

忘れちゃうような内容なんて、所詮大したことないのだという人もいるだろうけど、忘れちゃうよりは覚えていた方がいい。

ブクスラップ見たく、サボりまでサポートしてくれるサービスはあんまないと思います。

改善してほしいところ

褒めちぎってても気持ち悪いような気がするので、直して欲しいところも(エラそーに)書いてみる。

■全画面広告はやめて欲しい

この手の無料サービスでは仕方がないが、広告が表示されるんだよね。

広告の表示はいいんだけど、全画面で広告が出るときがあって、それはちょっときついなぁ、と。

使い勝手を著しく損なうことになるんで、ユーザーがうっとおしがるかと。

■リマインドは強制表示してもいい

「いいところ」で紹介したリマインドなんだけど、今は通知しかされない。

ただの通知だと「華麗にスルー」されちゃうかもしれないんで、スクラップのリマインドはアプリを立ち上げた時に強制しちゃって構わないと考えます。

スルーされちゃったら、当然このアプリの効果って半減しちゃうわけで。

「リマインドの力」を信じるなら、その力を使うため、迷える子羊(ユーザーね)を導かないといけないんじゃないかと。

■テキストデータを取り込めるようにして欲しい

今のところ、スクラップはアプリに直接文字を入力する形なんだけど、テキストデータの取り込みもできるようにして欲しいな。

僕は読書メモを普段からテキストデータで取っていて、NASに保存して、外から複数のデバイスから見れるようにしています。

これがまた便利で、重宝しているのだけれど…

NASではなくDropboxやEvernote、メモ帳アプリでメモを取ってる人もいると思うので、テキストデータで運用してる人って結構多いと思うんだよね。

テキストデータでなくてもいいので、主要サービスからファイルを選択してアプリにスクラップとして登録できるようにすれば、今まで読んで来た本のスクラップの作成も容易になる。

そうすれば、もっとこのサービスの重要性も高まると考えます。

■未実装の機能が多い

ここは仕方のないところだと思うけど、項目があるのにまだ実装されてない機能がある(iOSアプリにて検証)。

「オンライン読書会の検索」とか「ブックスクラップ概要」とか。

「その他」の項目に多いね。

この辺は、今から開発が進むんじゃないかなぁ〜。楽しみにしてます!

最後に

アプリのレビューとか、全然やったことないけど、思ったことを書いてみた。

いいサービスはどんどん普及して欲しいし、自分の勉強にもなるんで。笑

もっと本を楽しく読んで、読書という体験に革命を起こしてくれれば最高だし、それが期待できるサービスだと思う!

てことで、以上、Bksrap紹介でした。

ブクスラップ 読書の記録を管理して読み返すアプリ

<概要>

本の学びや感動を、リマインドして自分に伝え続けよう

誰にでも、多くを学んだり、胸を熱くした本があります。
読書の学びや感動を、みんなにツイートして、書評を他人にシェアして…その後どうしましたか?

自分宛に何も残さなかったばっかりに、せっかくの読書の学び・感動を忘れていませんか?

ブクスラップは、本から得た学びや感動をまとめて、リマインドによってあなた自身に伝えるための、新しいスタイルの読書の記録・管理アプリ(もちろん無料)です。

あなたがまとめた要点を、空き時間に少し読み返すことで、読書の再学習・再感動体験が、手軽に得られるようになります。

せっかく本から得た学びや感動を無駄にせず、他の誰でもない自分に伝え続けて、再読で読書をより充実させませんか?

(ブクスラップ公式サイトより引用)
https://www.bksrap.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。