「比べる」ということ-視力1.5と視力0.01の世界比較

話題になってるBuzzFeedの「視界」の比較。

同じ画像をスライドさせて、視力1.5と視力0.1を比較する、というもの。

ああやって比較させてはじめて「0.1ってヤベェな」って思うよね。

ネットだと「もうちょいぼやけてる」とか「もちょい見える」みたいな雑談ネタになってるっぽい。

ちなみに、僕個人は「右目1.0」「左目0.1」っていう化け物じみた左右非対称の視力をしてるので、あまりこの画像で意外な感じはなかったなぁ。笑

視覚だけじゃなくて、聴覚とか他の感覚でやってみても面白いと思う。

そこで改めて思ったのが、比較ってすごい力を持ってるよね、ってことだ。

仕事でも相見積ってよく取るし、近い立場の人と能力を比べられた経験だってあると思う。
(能力の比較はあまり意味はないと思うけど)

「相場」「風潮」「動向」とかも、言ってしまえばただ母数が多いだけの比較なんだけど、人に与える影響って無視できないものがある。

人生が連続する選択の積み重ねだとすれば、その選択だっていくつかの選択肢から比較をしているはずだ。

だからこそ、苦しめられる人もいるし、色んな比較に翻弄される人もいるんだと思う。

自由・気楽に幸福をつかんでいる人ってのは、そんな「比較」の世界から上手く抜け出した人なんじゃないかなぁ。

以上、駄文失礼しました。

視力1.5と視力0.01の世界。どれだけ違う? 再現してみた

概要
1.5「どうやって生きてるの…」

「視力検査で一番上が見えない」と言われる、視力0.01の世界。

どれだけ見えないの…?

ということで、視力0.01の方に話を聞きつつ、ぼやけ具合を再現してみました。

https://www.buzzfeed.com/hikaruyoza/shiryoku-yoshi-waroshi?utm_term=.vwjp3O2x3#.nbEJnQm6n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください