iPhoneとスマートコンタクトレンズで「AR」体験が可能に!

これは期待!

スマートレンズって、ちょこちょこ色々なところから噂は出るけど、AR体験に限ったものであれば、より現実的かもしれない。

ヘッドセットやスマホを使う必要がないし、AR(いつかはVR?)への障壁が下がれば良いが…

あと、「まばたきで充電可能」てのも気になるねぇ。

スマホの次のデバイスは、こういう「より人の体に近づいた」「充電の手間の少ない」ものだと個人的に考えてるので、スマートレンズはまさにそれに近いものだと思う。

iPhoneという制約がなくなれば、一気に普及するね。

以上、駄文失礼しました。

iPhoneとスマートコンタクトレンズで「AR」体験が可能に!

概要
スマートコンタクトレンズの開発で知られるEPGLが、iPhoneと連携させて、AR(拡張現実)が体験できるスマートコンタクトレンズおよびiOSアプリの開発を進めていることがわかりました。

Appleと協力、AR向けレンズを開発

医薬部品メーカーEPGLのマイケル・ヘイズ社長は、iPhoneと連携し、ARアプリによる映像を投影できるスマートコンタクトレンズの開発を、Appleの協力を得て進めていることを明らかにしました。

スマートコンタクトレンズの外周に沿ってセンサーやストレージ、電子回路などが埋め込まれており、普通のコンタクトレンズと同じ感覚で着用することができます。
Google GlassなどのようなVRグラスと違い、着用していても周囲に気づかれません。

またEPGLによれば、スマートコンタクトレンズの場合VRグラスの「縁」のような視界を遮るものがないため、非常にクリアで見やすいとのことです。

スマートコンタクトレンズはまばたきによって充電され、映像はストレージに保存可能で、自動的に焦点を合わせることができます。

http://iphone-mania.jp/news-141044/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。