【10/12】スティーブ・ジョブズのスピーチの解説番組、今日ですよ

今夜21時から。

BSプレミアムの「アナザーストーリーズ」で放送されるそう。

ITで世界を変えた男、アップル創業者スティーブ・ジョブズ。
その波乱万丈の生涯を、ジョブズ自らが語ったスタンフォード大学でのスピーチは、失敗を恐れないチャレンジ魂を語ったものとして、人々に勇気と感動を与えてきた。
だがジョブズを間近で見ていた人々は、そこに別の意味を見いだしていた。
ジョブズを追った者、対立し決別した者、禅の同士。
歴史的スピーチに込めたジョブズの本当の思いとは?
知られざる裏側に迫る!

ジョブズファン必見よ。見逃さないように。

スタンフォード大学の卒業式辞で行われたスピーチの特集っぽいですな。
プレゼンの方の解説もして欲しかったが…

以上、駄文失礼しました。

Appleを生んだジョブズ氏が“伝説のスピーチ”に込めた思いとは?今夜NHKで特番放送

概要

「Stay hungry, stay foolish(直訳:ハングリーであれ、愚かであり続けろ)」。

2005年に、スタンフォード大学の卒業式辞で行われたスピーチは、もはや伝説とも言える存在だ。
特に、最後に語られたこの言葉のインパクトは非常に大きかった。

このスピーチを行ったのは、2011年に逝去したAppleの前CEO スティーブ・ジョブズ氏。
iPodやiPhoneの発表を行った人物といえば、多くの方に納得いただけるのではないだろうか。

BSプレミアム『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』(NHK)では、本日12日21時から、「スティーブ・ジョブズ、スピーチに込めた本当の思い」が放送される。

同番組では、ジョブズ氏を間近に見ていた人々が登場し、この伝説のスピーチを別の角度から分析する。

司会は女優の沢尻エリカ、ナレーションは俳優の濱田岳が務める。

http://www.rbbtoday.com/article/2016/10/12/145960.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。