国土交通省、タクシー代の乗車前確定を実験

いやUberにしろや。笑

Uberも確か概算で見積もりを事前に提示してたはずなんで、チャチャッとUberに変えたほうが早いと思うがなぁ。

確かに、事前に料金がわかることは外国人旅行者にとってメリットが大きいけど。

それ以上に自国でも使っていた仕組み(Uber)を利用したほうが、安心感は強いと思うの。

ほんで、日本のタクシーって、現金じゃないとダメな上に、万札出すと嫌がられるっていう意味不明な会計の仕組みじゃないですか。

そこをケアする仕組みづくりまで必要だと考えます。

というか、ここまで政府がUberを嫌がるのって、なんかあるんだろうか?

以上、駄文失礼しました。

タクシー代、乗車前確定を実験

概要
国土交通省は、スマートフォンのアプリを使って、タクシーの乗車前に運賃を確定し、迎えに来てもらうサービスの実証実験を2017年度に実施する方針だ。
あらかじめ運賃を明示することで、初めて訪れる観光地や出張先などでも安心して乗車できるようにし、タクシーの利用客の増加を目指す。

国交省とタクシー会社が協力して、一部の会社が導入済みのタクシーを予約できる配車アプリの改良版を開発。
目的地などを入力すれば、運賃を自動的に計算して事前に確定し、タクシーが迎えに来る仕組みを想定している。
実証実験は東京などで実施する見通しで、具体的な場所や時期は今後詰める。

http://this.kiji.is/157455772773664244?c=113147194022725109

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください