米Yahoo!、5億件の個人情報流出。Yahoo!ユーザーが今やるべき5つのこと

Yahoo!のハッキング事件について、ギズモードがすごくいい報道をしていたので、引用して共有します。

Yahoo!ジャパンと米Yahoo!は別のデータベースで顧客管理をしているので、基本的には日本のユーザーに被害はなさそうです。

ただ、日本にいながら米Yahoo!のユーザーも少なからずいると思うので、以下の対策は要チェックです。

米Yahooユーザーが今すぐとるべき行動5ステップ

1)パスワードをすぐ変更

最も簡単で最も重要なこと、今すぐパスワードを変更しましょう。
米Yahoo!は、利用を簡略化するため「Account Key」機能を提供していますが、これだと、もし、モバイル端末にアクセスされてしまえば元も子もありません。
やはりベーシックに、難解なパスワードを二段階認証で使うのがいいでしょう。間違っても、こんなパスワードにしちゃいかん!

2)その他サービスのパスワードも変更

流出したYahoo!パスワードと同じパスワードを他サービスで使い回しているのなら、それもすぐさま変更すべき。
パスワードの使い回しによって、被害が拡大してしまうのを防ぎましょう。
パスワードの使い回しはやってしまいがちですが、個人でできる最も大きな安全策です。

3)二段階認証を有効に

難解なパスワードだけで、すべてが安全にとはいきません。
最も効果的に自分のアカウントを守るには、二段階認証を活用すること。
二段階認証を利用できるサービス一覧がわかる便利なサイトもあります。

4)変なメールに警戒

今回のハッキング含む、個人情報が流出するパターンは、あらゆるフィッシング詐欺の対象になる可能性があります。
米Yahoo!もユーザーに対して、心当たりのないメールにあるリンクはクリックしない、添付ファイルをダウンロードしないようにと注意を呼びかけています。

5)その他あれこれに警戒

Motherboardの報道によれば、Yahoo!の流出データは、今年始めにいわゆる「ダークウェブ」にて売買されていたといいます。
だとすれば、1度闇サイトに出回ってしまった情報はどうすることもできません。

現段階でできるとすれば、それは…警戒することだけ。

ステップ4のメールに警戒するのはもちろん、利用しているオンラインサービスすべてにおいて警戒しつつ、できるかぎりのセキュリティー対策をとりましょう。

今の世の中、避けては通れないセキュリティー問題。被害にあっていない人も、これをきっかけと思って、自分のセキュリティー対策を見直しましょう。
まずは、パスワードの使い回しから!

引用元:http://www.gizmodo.jp/2016/09/what-to-do-with-hacked-yahoo-account.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください