風潮を変えればもっと簡単に実現可能-「2階建て化」で満員電車ゼロ?

クールビズと同じように、風土や文化を変えるのが良い。

猫も杓子も9時出社にするのを禁止する風潮作っちゃえば、満員電車も解消するしお金もかかんないよ。

小池さんは「クールビズ」を実現させた張本人だし、本気出せば可能だと思うんだよね。

以上、駄文失礼しました。

「2階建て化」で満員電車ゼロ? 費用・安全…小池氏ブレーンに直撃

<概要>

東京都の小池百合子知事が公約に掲げた「満員電車ゼロ」。

その方策の一つが、2階建て電車の導入です。
今ある2階建て電車とは違い、車両もホームも2階建てにするというユニークなアイデアですが、実現できるのでしょうか。

小池知事の原案を作った交通コンサルタント「ライトレール」の阿部等社長(55)に聞きました。

ホームも2階建て

――特に2階建て車両が注目されていますが、JR東の冨田哲郎社長は「遅延を招く」と否定的です。
例えば、現行のJR東の215系は全車両が2階建てですが、乗り降りに時間がかかって遅延を招くとして、「湘南ライナー」などの限定的な使われ方になっています。

冨田社長は、東海道線などのグリーン車の2階建て車両を想定されていると思います。
中央だけが2階建てで、1階建ての両端部との間に階段があり、ドアが二つしかないため、乗り降りに時間がかかります。

小池知事と私の考える総2階建て車両は全く別物で、1階と2階を独立した構造とし、ホームも2階建てにします。
床面積を倍増でき、扉も多くでき、乗降時間は延びません。

線路を造るより低コスト

――駅の大改修が必要で、巨額の工事費がかかりませんか。

線路を新たに造るより車両を2層化する方が、はるかに低コストです。

山手線を高架でもう1線造るコストを試算してみましょう。

幅10メートルで1周約35キロ、駅は幅が広がり、車庫用地を加え、約40万平方メートルの土地が必要です。
都心の超一等地の地代と移転補償費で1平方メートルあたり1千万円以上でしょう。4兆円超となり、工事費と併せて5兆円オーダーです。

一方、大深度地下を掘ると、1キロあたり500億円程度として2兆円です。

総2階建て車両なら、それらの数分の一のコストでしょう。

http://withnews.jp/article/f0160919003qq000000000000000G00110701qq000014036A

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください