サーモグラフィでトレーダーの感情を監視!

未承認取引が行われていても、損失が膨れ上がる前に発見したりすることも可能らしい。

他のあらゆる意思決定にも使えそうだね。

ここまで監視されると、働く方としてはきついのかもしれんが…笑

限りなく個人を特定するような分析は避け、ビッグデータの1つとして収集できれば文句は出ないと思う。

まぁ、でも感情論で「気持ち悪い」って輩がいるし、難しいっすかね。
漏れてもなんともないのにな〜。

以上、駄文失礼しました。

ウォール街の次なるフロンティアは「トレーダーの感情監視技術」

<概要>

誰もが「感情」を監視される時代-

そのトレーダーは深刻な状況に直面していた。
ウォール街でごく最近、ようやく職を得たミレニアル世代の彼は株取引で失敗し、その損失を補填しようとしてパニックになった。
リスクリミットを超過した果てに、午後の数時間で490万ドルも損をしてしまったのだ。

とはいえ、それでトレーダーとしてのキャリアが終わりを告げたわけではない。

彼は、マサチューセッツ工科大学(MIT)で金融学を研究するアンドリュー・ロー教授が実施しているシミュレーションの参加者だ。
シミュレーションの目的は、市場の変動にどう反応するかによって、優秀なトレーダーを見きわめられるかどうかを調査することだった。
ロー教授はこのシミュレーションを、名前は明かさなかったがニューヨークに本社を置く世界的なある投資銀行で実施してきた。
同銀行の幹部たちを対象に講演を行った後に、依頼を受けたのだという。

ロー教授は2014年に、同銀行の会議室に非公開でモニターを並べ、シミュレーション室を設置。
そこでは、株式や債券を扱うトレーダー57人が科学的実験のための被験者となった。

多くの銀行はすでにビッグデータの調査チームを発足させ、手もとにある膨大な顧客情報から何らかの情報を得ようと取り組んでいる。
近ごろは社内にも目を向け、業務を改善し、最もお金がかかるリソース、つまり従業員における損失を抑えるにはどうすべきか、その術を探っているところだ。

匿名を望む銀行幹部らによれば、JPモルガン・チェースやバンク・オブ・アメリカといった企業はテック企業と協議しつつ、社員の感情を監視するシステムを使ってパフォーマンスとコンプライアンスを強化しようとしているという。

https://newspicks.com/news/1773111/body/?ref=pickstream_613311

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください