【書評】デザイン入門教室 [特別講義] (Design&IDEA)

パワポ資料や広告、Webサイトの制作をしている人であれば必見です。

資料作成時の基本である「情報の精査」や、色合いやフォントの選び方、紙面構成の黄金比率を教えてくれます。

この手の本っていろいろあるんですけど、なんといっても「表紙のセンスが抜群」ていうところで買いでしょう。

デザイン指南を訴えておいて、表紙がイケてない時点でその本は読む価値ないですからね。

その点、この本はシンプルでありながら高級感が漂っていて、いかにも「読む価値があるだろうな」って感じ。
お高く止まりすぎず、色合いでポップさも演出されていて、手に取りやすいイメージです。

というわけで、文字で伝えられるところは頑張って伝えてみます。

デザインを始める前に

デザインにはルールがあるので、基本的にはそのルールをきちんと守って、綺麗な資料作成を心がけます。

大事なのは「作りながら考えるのではなく、必要なものを洗い出してからデザインを制作する」ということ。

1.情報の整理

○要点をまとめる

 ・いつ ・誰が ・どこで ・何を ・どのように(制作物がどのような手段で見られるか) 
 ・目的 ・得たい結果 

○制作物の目的を明確にし、情報に優先順位をつけて作成する

2.レイアウト① 版面・マージンの設定

 ・版面:文字情報や写真・図版などを配置できる領域

 ・マージン:余白

3.レイアウト② グリッドの設定

 ・グリッド:紙面における格子のこと。

   →要素同士を揃える事で、秩序が保たれる。

4.レイアウト③ 優先順位の適応

 ・紙面に役割を与える

 ・紙面のどの部分に情報を配置するかを考える

 ・優先度の高い情報は、目立つところに配置する

 ・同じ項目はグループ化する

5.レイアウト④ 強弱の設定

 ・強調する要素を大きく、そうでない要素を小さくする

 ・アイコン化する事も重要

6.配色

 ・イメージを軸に、配色理論を応用しながら選定する

 ・コーポレートカラーの使用や競合の色を避ける事も大切

7.文字・書体選び

 ・複数種類の書体を使わないのが基本

 ・実際に書式を設定してみて比較するのが良い

8.情報の図式化

 ・情報を文字にせず、図式化する

 ・地図化やグラフ/チャート化は基本

レイアウトの基本ルール

レイアウトの基本ルールです。

細かいところは無理に記憶することもないと思います。

実際に本の資料例を見て、感覚としてつかむことが大切です。

■グループ化(接近効果)

☆ゲシュタルトの法則:人は、無意識のうちに同じ形のものや近い場所のものを「グループ化」して認識すること。

○グループ化のポイント

 ・同じ意味や役割のものを近くに配置する

 ・関連性の薄い要素に繋がりを作らない

 ・「余白」をうまく利用する(意図的に余白を作る)

 ・色や形でグループ化する

 ・枠で囲む

■コントラスト(対比)

 ○コントラストの基本

  1.大きい文字と小さい文字の対比

  2.写真や図版と、文章の対比

  3.色の対比

  4.密度の高い部分と余白との対比

 ・ポイントは「強調したい要素を明確にすること」「違いをはっきりとさせること」
 
 ・重要度の異なる要素にコントラストを利用するといい感じに

 ・ジャンプ率:強弱のついた、大きい要素と小さい要素の差のこと。

  →大きければ訴求力が高くなり、小さくなれば落ち着きが出て、高級感を演出

 ・ジャンプ率の設定には、等差/等比/フィボナッチ数列などの数式を用いると良い

■その他の法則・性質

 ○シンメトリー:対称性のこと。規則性があり、美しさを感じさせる。

  ・左右対称
 
  ・点対称

  ・鏡面対象

  ・平行移動

○黄金比/白銀比

 ・黄金比:1:1.618の比で、美しく、自然界でも多く出現する基本比。

 ・白銀比:1:1.414の比のこと。日本の伝統芸術でよく用いられる比で、静的で落ち着いた印象を与える。

○1/3の法則

 ・紙面を3分割し、役割を当てる技法。1/3に強調させるものを持ってくると良い。

○ピラミッドの法則

 ・逆ピラミッド:重要度の高い情報から情報を提示する。「結論→特徴→詳細」

  →視線がスムーズに動くので、情報を良い手に伝えやすい。

 ・ピラミッド型:ビジュアルを前面に打ち出す時に利用。安定感が生まれる。

文章のデザイン

書体から見出しの表現まで、文字を「読ませる」ようにする工夫です。

■書体選び

○読みやすさ

 ・文字数が多い文章を作成する際の第1条件は、「読みすい書体選び」

  →細い明朝体/セリフ体、細いゴシック体/サンセリフ体を使用。

 ・ディスプレイ書体は見出しなどの目立たせる部位に使う

 ・和文の中にアルファベットがある場合は、ベースを揃える(欧文は少し小さく、上にあることが多い)

■見出しの表現

 ○見出しを目立たせる方法

  ・文字を太くする

  ・文字を大きくする

  ・罫線で囲む

  ・色を変える

  ・一部の文字をデザイン要素化する

■本文の揃え方

 ・欧文は、ハイフネーション(-)を使い、行間を調節する

 ・本文のデザインは、基本的に「均等左揃え」を使用する。

他にも、色彩やグラフなんかの講義も盛り沢山なんですが、文字だと全く伝わってこないので、割愛。笑

その辺気になる人は、ぜひ本著を手に取ってみて。

資料作成では、そんじょそこらの人には負けなくなりますよ。

以上、駄文失礼しました。

デザイン入門教室 [特別講義] 確かな力を身に付けられる

<概要>
すぐに使えて、ずっと役立つ基本のルール

グラフィックワークから企画書、プレゼン資料まで。
デザイン基礎力は、一生役立つ武器になる!

これからはじめる人に読んでほしい、
とことん丁寧な本格入門書、遂に発刊!
現場のプロが教える真剣教室、開講です!

【センス、経験、一切不要! 】

――――――
デザインは、すべての人が必ず上達できます。

デザインが苦手な人の話を聞くと「私にはセンスがないから」といわれることがあります。
しかし、読み手に伝わるデザイン、心に残るデザイン、
読みやすいデザインを制作するのにもっとも大切なものはセンスではありません。大切なのは・・・
―――本文より

●本書の対象読者
・自分自身で何らかの紙面や資料などを制作する機会がある人
・紙面や資料で他人に何かを伝える機会がある人
・これからデザインを勉強しようとしている人
・デザイナー1年生

<著者>
坂本伸二
1978年生まれ、東洋美術学校卒業後、デザイン事務所に長年勤務し、その後、2000年からフリーランスとしての活動をスタート。

あるプロデューサーと知り合い、約3年間、音楽イベントのメインビジュアルやコンサート映像などの制作に携わり、スタジオ撮影や、ビジュアル制作などのノウハウを学ぶ。

これまでの経験から現在は主に、広告ビジュアルや、レイアウト、店舗プロデュースなど幅広く活動中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください