任天堂は携帯ゲーム機撤退でいいんじゃね

9月7日、Appleのiphone7発表とともに、マリオのスマホバージョンが発表されました。

今後、任天堂は携帯機は開発せずスマホシフトすればいいんでない。

理由は簡単で、任天堂のDS等携帯ゲーム機が目指していたであろう「1人1台持っているゲーム機」は、すでにスマートフォンが達成しているから。
莫大な投資をして市場を切り開くより、すでに構築されている基盤に相乗りする方が賢いと思う。

ゲームボーイ世代の僕からすれば少し寂しい気もするが、、、

個人的には「どうぶつの森」の位置ゲー版を期待したい。

現実世界とうまいことリンクさせれば、絶対にバズると思うなぁ。

家具とか服とか探し回ったり、スポットには店を構えさせたり。

とりあえずマリオシリーズの提供が決定してるんで、プレイしてみますか。

以上、駄文失礼しました。

「iPhoneにマリオ」 任天堂株価が急騰、「ポケモノミクス」水準に

<概要>
9月8日の株式市場で、任天堂(東証1部)が急騰。
午前の終値で前日比3265円高(+13.22%)の2万7960円まで上げた。

この日未明に開かれた米Appleの発表会で、任天堂が「マリオ」が登場する初のiOS向けアプリ「スーパーマリオラン」を12月にリリースすると発表。
発表会には宮本茂専務もゲストとして登壇した。

世界的にヒットしている「Pokemon GO」に続き、任天堂最強のIP(知的財産)がいよいよiPhoneに登場することになり、株価は午前の取引開始から急騰。
一時は2万9200円を付け、「ポケモノミクス」にわいた7月下旬並みの水準を回復。全市場で値上がり率上位にランクインしている。

午前終値ベースの時価総額は3兆9610億円にまで増えた。

http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1609/08/news102.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。