子供のあこがれの職業「ユーチューバー」とは何者なのか

基本は従来の、芸人とかバンドマンとか役者への憧れと同じ位置だと思う。

決定的な違いは所属しないこと。
(基本的に)事務所やレーベルに所属する必要がない。

それゆえに、レガシーな仕組みや枠に囚われることなく、自由に素早くコンテンツを配信することが出来る。
個人の力の差がモロに出ると思うが、、、

まぁYoutubeだけに収益を頼っていると、TVコンテンツと同じ運命を辿るので、ある程度分散させることには気を使った方が良いと思います。

以上、駄文失礼しました。

あなたは理解できる!? 小中高生たちの新・あこがれの職業「ユーチューバー」とは何者なのか

<概要>
――ユーチューバーとはどんな人たちでしょうか。

【鎌田】ユーチューバーのルーツについては諸説ありますが、私が最初にユーチューバーの存在を知ったのは2013年に日本における先駆者であるHIKAKINと会った際、「ユーチューブスター」と呼ばれる人たちがアメリカにいると聞いたときです。

「ユーチューバー」は日本で使われている言葉で、海外ではユーチューブスター、あるいはユーチューブクリエイターという表現が使われています。

13年当時、すでにアメリカではユーチューブスターにスポンサーがついたりインフルエンサーマーケティングが行われたり、ユーチューブスターを束ねてマーケティング活動をしたりする動きが広がっていました。
こうした動きがユーチューバーのルーツだと私は考えています。

アメリカではやがて、企業と仕事をする人や自分で商品を出す人、会社を立ち上げる人が出てきました。
ミシェル・ファンという女性は化粧品が毎月送られてくるサブスクリプション・サービスを立ち上げて3年で1億2000万ドル(約120億円)の売上を達成しています。
最近は映像制作を行ったり、映画監督になったり、自分たちでプロダクションを立ち上げるユーチューブスターも出てきています。
ユーチューブスターが自分で事業を始めたり、個人としてより高みに行ったりする現象が起こったのです。

http://president.jp/articles/-/20028

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。