「瑕疵担保」で縛る”矛盾”-富士通に損害賠償請求へ

人月工数による価格算出のリスクがモロに出た例。

他者競合により人月工数をギリギリまで削っているので、一度プロジェクトがうまくいかないと、途端に赤字が出ることになる。
これ以上赤字を垂れ流したくなので、人員の動員にも及び腰に。

結果として、このように遅々とした対応になるのです。

原因は、売り物と成果物にねじれが生じていること。
顧客は「動かすエンジニアの時間」にお金を払っているのに、システム事業者は「システムの完成」を求められる。
(その矛盾を瑕疵担保で無理やり縛っている)

居酒屋でメニュー表見て、アルバイトの時間ベースで料金設定されてたら変に思うでしょ?
ビール5分、枝豆3分!1分=45円です。みたいな。

以上、駄文失礼しました。



富士通に損害賠償請求へ マイナンバー障害 機構、7カ月後ようやく

<概要>
マイナンバーカードを発行する地方公共団体情報システム機構は28日、欠陥サーバーのプログラムミスによるシステム障害で国民への交付が滞る契約違反があったとして、サーバーを納品した富士通に損害賠償を求める方針を固めた。
機構関係者が明らかにした。

機構は責任回避のため賠償請求に及び腰だったが、1月の制度開始から7カ月が経過しても障害の余波で交付が遅滞するずさんな運営が露呈し方針転換に追い込まれた。
賠償金は障害対応を余儀なくされた交付窓口の自治体支援に活用する。

関係者によると、機構は今月上旬、障害対応に伴う機構・自治体職員の人件費増加分など総被害額の算定作業を開始。
9月に請求額を決めて富士通側と交渉する。

富士通を含めた5社は平成26年、マイナンバー制度を運用する中継サーバーなどの設計・開発を約69億円で機構から受注。
「成果物に瑕疵(かし)があるときは、機構が修補に併せて契約金額を限度として損害賠償を請求することができる」とする契約を締結していた。

http://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/160829/mca1608290730006-s1.htm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。