AR技術と位置情報でお墓参り!?

良いアイデアだと思います。

保存性や場所の自由度、手軽さの面で現状の墓石より優れていると感じます。
おそらくコストも低減できるでしょう。

墓参りなんて、1年に1回ぐらいしか行けないです。
何回も行きたい人にとって、場所やメンテナンスのネックを解消できるやもしれません。

グローバルな観点でどう捉えられるかが課題です。
日本は宗教的な感覚が薄いので、さほど問題ないかと思います。

しかし、今後移民や永住する外国人の方が増えた際、様々な宗教観に対応する必要があるかもしれません。
キリスト教だけじゃないですし、、、キリスト教にもいっぱいありますし、、、

海外の方の意見が気になるところですが、、

以上、駄文失礼しました。

日本初!AR技術と位置情報を用いてお墓や思い出の場所にお参り

<概要>
株式会社良心石材(本社:千葉県 香取市 代表取締役:香取 良幸)は、AR(拡張現実)技術と位置情報アプリケーションサービスを利用して、お墓や故人との思い出の場所で故人のメッセージ動画/写真をスマートフォンやタブレットなどに届けるサービス「Spot message(スポットメッセージ)」を2016年8月15日よりスタートさせます。(iOS対応は8月下旬予定)

古くから先祖を大切にするという文化が日本にはあります。

日頃の習慣としてお仏壇への焼香やお墓参りも先祖を大切にする行為のひとつとして行われており、感謝の気持ちや報告、悩みなどの思いを伝える事で、自分自身を前向きにしてくれる事も多くあります。
もし、お墓参りに訪れた時『来てくれてありがとう、いつも見守っているよ』と故人から言われたり、悩みがある時に『無理しないで体を大切にね』と故人に言われたら参拝に訪れた方の大きな心の支えになるのではないでしょうか。

近年、お墓参りの形式の多様化により必ずしも墓石へのお参りとは限らなくなってきた昨今、本サービスは、様々なお墓の形式に対応し、慰霊を促し、故人の想いを後世に伝え、お参りする方の人生をより豊かに良い方向に変える事を願い、始めたサービスです。

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000020844.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください