X-boxはもういいっしょ -Microsoft、ゲーム配信のBeam買収

MSは法人部門に特化した方がいいんじゃないかなぁ。
Azure基盤でクラウドに特化したり、Office365のプランをもう少しマシにしたり、、、、

今のOffice365って酷すぎるよね。
Powerpointを意図的に外してあったり、Accessが欲しいと急に高いプランを買わされたり、、、
なんとかならんのか。高いし。笑

ってことで、この買収に「今後もゲーム事業にリソースを割く」という意味合いがあると思うので、疑問に思います。

あ、X-boxがダメっていう意味ではないですよ。
(というか未プレイなので、X-boxがどんなもんか知らないっす。)

ただ、MSのゲーム事業をもっと上手く戦略を立てられる企業がいっぱいあると思う。
なので、どんどんスピンアウトしちゃっていいのでは、と思います。

残していいのはKinectぐらいではないでしょうか。
あれは法人部門でIoT基盤の構築に活かせるかも、、、
人やモノの動きを、センシングして、各種端末に送ることができれば、、、きついかなぁ?

以上、駄文失礼しました。

Microsoftがゲームのライブ配信サービスBeamを買収

<概要>
Microsoftがシアトルに拠点を置くゲームストリーミングサービスBeamを買収した。

Beamでは、ゲームをプレイするストリーマーと一緒に視聴者もゲームをプレイすることができる。
Beamの形式は、ストリーミングのファンにとってTwitchやYouTubeといったサービスでおなじみの受動的なインタラクションをベースに、さらに視聴者はクラウドソースのコントロール経由でストリーマーと交流することができる。

Beam経由のプレーヤーは、ストリーミングしている人を誘導し、例えばマルチプレイのショーティングゲームで戦いに持っていく武器の種類を設定したりすることが可能だ。

BeamはTechCrunch Disrupt NY 2016でローンチし、Startup Battlefieldで優勝した。
ヴィジュアルコントロールで視聴者は、プレーヤーのゲーム場面選択を助けたり、さらには通常にはない、ゲームを大きく変えるような設定をすることもできる。

BeamはMicrosoftのXboxチームに加わる。「プラットフォームを超え、ユーザーとストリーマーを惹きつけるというこれまでのミッションを追求します」とMicrosoftは伝えている。

http://jp.techcrunch.com/2016/08/12/20160811microsoft-acquires-beam-interactive-game-livestreaming-service/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください