『借りているのは政府。貸しているのは国民(だから問題ない)』???-国の借金1053兆円に

国債は、『借りているのは政府。貸しているのは国民。』というのは常識である。
しかし、『=だから騒ぐような問題じゃない』という論理が以前より引っかかっているんですよね。

たとえお金を刷りまくったり、返還を先延ばしにする等の策で誤魔化すことが可能であっても、そうすれば国家としての信用を失う。
であれば、円の通貨価値が下がり、輸入資材が高騰するなどさまざまな悪影響が現れると思います。

というか超単純に考えれば、年収400万円で資産500万円の家庭が、親戚中からであっても年1000万借金している状態が”まずい”ことぐらい、分かると思うんだが、、、

「それじゃあローンで家も車も買えないじゃないか!」って?
そもそも無理してローン組むことが間違っているのよん。

ヤフーの福田氏が良いコメントをされていたので、下記のとおり引用します。

『借りているのは政府。貸しているのは国民。』

なるほど、では政府って何ですか?
政府ってどうやって金を返すんですか?
国民から税金を集めて借金を返すんですよね。

『国内で消化してるから同じ家の中での貸し借りみたいなもの』

国債を国内の銀行が買っていて、政府が金を借りている。
日本の企業が、日本の銀行に金を借りているのとの違いは何ですか?それは一家の中での金の貸し借りみたいなものだと言えますか?
いずれ国内で消化しきれる限界を迎えると思いますが、その後、海外から借金する割合が高まっていっても問題ないですか?

『日銀が金を刷りまくって国債買ってるから大丈夫』

インフレ目標って何でしたっけ。インフレ目標よりインフレ率が大きく上回ったとしても同じことを続けられますか?
そのインフレによる国民の負担は、税金として返す負担と、国民から見て本質的に違いがあるでしょうか?

そして、皆さんの言うように、国の借金とか騒がなくても良いぜって言うなら、国の財政政策に対してバラマキという批判はなぜするのですか?
多少なりともGDPを押し上げるなら財政支出しまくれば良いんでは?財政問題とか大丈夫なんだったら。

という感じで、経済の素人からすると、素朴な疑問がたくさん湧いてきて、簡単にバッサリ言い切れる話とは思えません。経済通の方が多いようなので上記の疑問について丁寧な解説をしていただけるとありがたいです。

【追記】

『国民が銀行にお金を貸していて、銀行が政府に金を貸しているから、国民が政府に金を貸している。』
政府の借金は国民が返すことが前提とすると、国民が国民に対して借金してるだけじゃんとなる。

なるほど、では、
Aさんが、預金を預けるのに昔から利用していたNP地方銀行に莫大な借金をして、電気自動車の会社を起業しました。しばらくは業績も好調で、Aさんは借金の返済を粛々と進めることができました。
ある年、Aさんの会社の電気自動車が一斉に爆発し、Aさんの会社は倒産しました。
借金が返せなくなったAさんは、『いや、俺、NP地方銀行に金を貸してた側でもあるし。預金って金を貸すってことだぜ。帳消しにしよう』
と言いました。

さて、Aさんのこの提案は受け入れられるでしょうか?

以上、駄文失礼しました。

国の借金1053兆円=1人当たり830万円-6月末

<概要>
 財務省は10日、国債と借入金などの残高を合計した「国の借金」が6月末時点で1053兆4676億円になったと発表した。

3月末時点から4兆1015億円の増加で、不足する税収分を賄う国債の発行額が増えた。

7月1日時点の人口推計(1億2699万人)を基に単純計算すると、国民1人当たりの借金は約830万円になる。

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081000811&g=eco

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください