インターネット深淵の仕組み-闇[ダーク]ウェブ(書評)

(商品画像及び概要は、Amazonの商品サイトより引用しております)

ハッキングとか麻薬売買とか、どうやってるんだろうな〜って以前から気になっていたので読んでいました。
(手を染めようとしているわけではありません。笑)

驚いたのが、以外とシンプルな方法で通信の秘匿化なんかをやっているという点。
もっと複雑な仕組みを利用しているのかと思いましたが、、、
やろうと思えば誰でも出来ちゃうあたりが、インターネット的でまた興味をそそりますね。

違法サイト設立者の裁判の経緯なんかはわかりにくかったけど、技術的なところは非常にわかりやすいです。
世間に啓蒙を続ける、著者のホワイトハッカー集団の名は伊達じゃないです。

闇に利用される技術について

本著によれば、活動の秘匿化、つまりこっそり活動するための重要な技術は大きく分けて2つとのこと。

1つは”Tor”で、もう一つは”ビットコイン“。

非常に有名で、かつシンプルな仕組みを用いているんですね。
特に”ビットコイン”は、(日本以外の)先進国で支払いや送金の手段としても広く一般的に普及しているものです。

Tor
接続経路の匿名化を行う規格及びソフトウェアのこと。
すごく簡単に言うと、通信するときに、規格で決められた「ノード」っていうアクセスポイントみたいなところを、ランダムに飛び回って目的のサイト等にアクセスする。こうすることで、ある人物がどこからアクセスしたのかがわからなくなるのだとか。
ビットコイン
言わずと知れた仮想通貨の王者。口座の開設に個人情報を必要とせず、決済が取り消せないことから、支払いが滞らず、チクられることもない高い安全性が売り。発行主体が存在しないので、中央主権的でなく、政府の圧力を受けにくい点も○。

ざっくり説明するとこんな感じです。

こういった仕組みの力を十二分に発揮し、安心・安全な違法サイトを運営していたんですね。

それに対抗するFBIの当局も、ついにはハッキング的な違法捜査に手を染めたのでは、、、?
なーんて都市伝説的な疑惑も含めて、本編全体を覆うダークでグレーな雰囲気がたまらないですな。

インターネットの深淵の部分、一度目を通してみるといいかもしれません。

以上、駄文失礼しました。

闇ウェブ (文春新書)

<概要>
麻薬、児童ポルノ、偽造パスポート、偽札、個人情報、サイバー攻撃、殺人請負、武器…

「秘匿通信技術」と「ビットコイン」が生みだしたサイバー空間の深海にうごめく「無法地帯」の驚愕の実態!

自分の家族や会社を守るための必読書。

<著者>
セキュリティ集団スプラウト
http://sproutgroup.co.jp/about/

スプラウトは、通称ホワイトハッカーと呼ばれるセキュリティエンジニアを中心に、情報通信分野に精通したコンサルタントやリサーチャーらが集まったサイバーセキュリティの専門家集団です。

ゼロデイと呼ばれるシステムに潜む未知の脆弱性、サイバー空間の最新動向、サイバー犯罪の手口といった多岐にわたる分野について調査・研究を行うと同時に、これらの活動から得られた知見をもとに、クラウドプラットフォーム「SolidHub(ソリッドハブ)」などの製品や、企業や官公庁のセキュリティを支援するためのソリューションの開発に取り組んでいます。

また、国内外のホワイトハッカーと企業を結ぶバグ報奨金プログラムのクラウドソーシング「BugBounty.jp」の運営、サイバーセキュリティ専門のオンラインメディア「THE ZERO/ONE」での独自情報の配信といったユニークな事業も展開してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。