VRコンテンツに特化した広告スタートアップ、「VRize Ad」テスト開始

もうVRの広告コンテンツが発足してるんですね。
スピード感が凄い。

いいな、と思ったのが、提供する広告パターンが3つと豊富なこと。
1つ目は360度の動画広告。
2つ目がVR空間に広告用のバーチャル部屋を用意し、その中に設置したスクリーンを見せる手法。
3つ目がCGのオブジェクトを、バーチャル空間にポップアップみたいに表示するパターン。

開発者がVRアプリに組み込みをすることで表示できる自由度の高さも◎。

VRって視界が広がるんで、広告が無視されたりする可能性があると思うんです。
そこを上手いことカバーする仕組みを考えているイメージです。
(もちろん、実際にやってみないとわからないけど)

公式Webサイト(http://www.vrize.io/vrize-ad/)のセンスもめちゃくちゃいいし、これは期待大ですね。

以上、駄文失礼しました。

VRコンテンツに特化した広告ネットワーク「VRize Ad」、クローズドベータテストを開始

<概要>
盛り上がりを見せるVR市場にまた新たなスタートアップのサービスが登場した。
VRizeは8月4日より、VR内動画広告ネットワーク「VRize Ad」のクローズドベータテストを開始する。
申し込みは同社のウェブサイトから行えるが、利用は一部の開発者に限定する見込みだ。
正式版のリリースは2016年秋の予定だ。

VR内動画広告ネットワーク——ちょっと聞き慣れないかも知れないが、これはVR向けのコンテンツ内で表示される動画広告のアドネットワークだ。VRアプリを制作する開発者がVRize Adの提供するSDKを組み込むことで動画広告の配信が可能になる。
海外を見ると、アプリ向けリワード広告を手がけるTapjoyの元CEOであるMihir Shah氏らが手がけるImmersvなどが同種のサービスを展開しているが、VRize代表取締役の正田英之氏によると、国内企業としては初のプロダクトになるという。

VRize Adで提供する広告は大きく3つ。1つは360度動画を使った広告、
もう1つはVR空間にバーチャルな部屋を作り、その中に巨大スクリーンを設置。そのスクリーン上で広告を配信するテレビCM風のもの。
そして最後はCGのオブジェクトをVR空間上で動かして表示するものだ。

http://jp.techcrunch.com/2016/08/04/vrise-ad/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。