選挙ってクソつまんない-2016年参院選 18、19歳投票率45.45%

逆に45%も行ったんだ、という印象。

特に若い世代の投票率を上げたいのなら、選挙をめちゃくちゃ”面白く”する必要があると思っている。

ぶっちゃけ若い立場からすれば、選挙なんか全然つまんなくて、魅力を感じない。
にもかかわらず、大人からは、「それでも行け」的な感情論や「選挙に行こう」みたいな扇情的なアプローチしかされてない。

“選挙はクソつまらない”
まずはその現実を行ったん受け止める必要がある。

で、対処法は簡単で、“つまらない”なら”面白く”すべきである、というもの。
音楽・肉フェスとコラボして開催するとか、ポケモンGOで、投票所にしか現れないポケモンを設定するとか。やり方は色々あると思います。

まずは、投票所は場所を限定させないようにするべきじゃないですかね。

投票場所が市役所とか学校とか、場所が全然イケてない。
普段誰も行かないところに投票所作ると、投票する人が減るのって、至極当たり前の話だと思うんです。
みんなが遊びに行くような施設に作っちゃえばいい。

あと、スマホ連携はしてほしいなぁ。
遠隔操作の危険もあるので、すぐに導入って難しいと思うけど、マイナンバーとか連携させりゃそんなに難しくないと思うんです。

投票へのハードルを下げた上で、投票行きたくなるような盛り上げ方をする

当たり前のことだけど、それが一番大事やね。

以上、駄文失礼しました。

18、19歳投票率45.45%

<概要>
務省は11日、参院選で新たに有権者となった18、19歳の合計投票率について、一部の市区町村を抽出して調査した結果、45.45%だったと発表した。
全体の投票率54.70%を9.25ポイント下回った。
年齢別では、18歳は51.17%、19歳は39.66%だった。

70年ぶりに選挙権年齢が引き下げられてから初めての国政選挙で、政府は全高校生に副教材を配布するなど主権者教育や啓発に力を入れてきた。
各政党も18歳選挙権を意識した公約を掲げたり、若者向けのイベントを開いたりしてきたが、浸透は不十分で、高投票率には結び付かなかった。

http://this.kiji.is/125192611467265532?c=113147194022725109

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください