番組感想「羽生善治 人工知能を探る」(NHK)

先週やってた人工知能の特集番組、やっと見れました。

天使か悪魔か 羽生善治 人工知能を探る

2016年3月、グーグルの開発した囲碁の人工知能が、世界最強と言われる韓国人の棋士に圧勝し、世界に衝撃が走った。
囲碁は、人類が発明した最も複雑なゲームと言われ、人工知能が人間を凌駕するのはまだ10年はかかると言われる中での出来事だった。
このまま人工知能が進化していけば、どんな未来が到来するのか。
番組のリポーターとして世界各地を取材していくのは、将棋界・最高の頭脳、羽生善治さん。
圧倒的な思考のスピードと深さで将棋界に君臨し、日々、「人間にしかできないことは何か」を考え続けている。
囲碁の人工知能を開発したイギリスの天才研究者、専門医にも判断できないガンを、画像から精緻に見分ける人工知能を発明したアメリカのベンチャー企業、人工知能に感情を持たせる研究を続ける日本企業など、人工知能開発の最前線を取材。人工知能が人間に何をもたらすのかを探っていく。

<初回放送>
2016年5月15日(日)
午後9時00分~9時49分

<番組紹介URL>
URL
https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20160515

#管理人コメント

以前、羽生氏が「人工知能に対し、何らかのアクションを行う」と発表されましたが、その一環でしょう。

”まずは相手を知る”という、いかにも慎重な羽生氏らしい行動。

内容的には、AlphaGoの力→人工知能の思考法の簡単な紹介から。
(この番組では、さすがに深いところまでは紹介されません。)

猫の写真の分析を例に、「特徴量(変数)を、機械が自分で見つけ出す」というものです。

何億、という対局データをもとに、特徴量を見つけ出し、最善の手を導き出すんですね。
(ブロック崩しや自動雨運転の例も出して、分かりやすく説明しています。)

その後、AlphaGoの開発元、Google Deepmind社を始め、医療への応用に活かすベンチャー企業や、シンガポールでのインフラ応用、ソフトバンク社の新Pepperなど、多くの企業の取り組みが紹介されます。

特にDeeoMind社の創業者のデミス・ハサビス氏、とんでもない天才ですね。

”彼が欲しいゆえに、Googleが4億ドルもの買収を行った”というのも、伊達じゃないです。

人間の知能を、アルゴリズムとして書き出すことで、あらゆる問題を解決しようとしているようです。
(今後も目が離せない。。。)

そして、最後は番組のタイトルである「悪魔」の部分の紹介です。

ここでは、AlphaGo対セドルの対局、第4戦で人工知能が見せた誤作動(?)の紹介から、Microsoftの人工知能「Tay」の差別発言に話が展開されます。

世間で言われる”ターミネーター的な未来への危惧”に、話が及んでくるわけです。

個人的には、その可能性って、あんまり無いと思ってるんですけどねぇ。

Tayの問題だって、Twitterで人工知能に悪いことを教え込ませた”人”に問題は起因しているんだし。
(もちろん、「人工知能が情報の善悪、要不要を判断できていない」という証明にはなり得るが)

最後は、総括。うまく人工知能と付き合っていきましょう的な、あるあるな締め方で終わってました。

全体的にかなり分かりやすく、人工知能の魅力、そして恐ろしさを伝えられている番組でした。

普段、人工知能って本とかでしか触れてなかったんで(そういう人多いと思う)、改めて映像のイメージの強さを思い知りました。

またこんな特集やってくれないかな。是非見てみたいですね。

人工知能の体験とか、どっかでやってないんですかね。
(VRとかはよくやってるんですけど、、、笑)

以上、駄文失礼しました。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。