Googleが仕掛ける、新たなロボット技術!

Newspicksが下記の報道をしました。

グーグルはロボット技術で何を仕掛けるのか

グーグルは2013年に買収した7社のロボット会社の技術でいったい何をするのだろうとうわさが絶えない。
日本のシャフトを含むロボット会社は、ほとんどが先端的な技術を持つ優秀な企業であることも、人々の関心を引きつけてきた。

買収したロボット会社には「歩行」「バランス」「エンターテインメント」「コンピューター・ビジョン」といろいろな強みがあったので、グーグル・ロボットがもちろんロジスティクスだけに制限されるとは限らないだろう。

今回公開されたパテントは、ロジスティクスの中でも倉庫や発送センターのロボットで使えそうなものである。
(詳細は以下で)
URL
https://newspicks.com/news/1561839/body/?ref=index

#管理人コメント

まぁGoogleならそれくらいできるだろう。

Googleに限らず、革新的な企業の考え方のひとつに「現状に思考停止しない」ところがあると思う。

今、周りを見渡すとロボットアームや運搬用重機は既に普及してる。

でも、その傍らで未だに人間の手で行う作業が何故か存在する。

そこに疑問を持つことが出来る者が、新しいビジネスにたどり着くんじゃないかなぁ。

「なんで人間より重いものを持てるマシンがあるのに、代替されないんだろう?」

「何をどう改善したら、人間がやらなくて済むのだろうか?」

「それを実現するために、何が必要なのか?」

すべては現状に満足せず、小さな疑問を持つことから始まると思う。

以上、駄文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください