バーチャルリアリティのAV、ついに登場!!!!!

TechCrunch Japanが下記の報道をしました。

ラスベガスのホテルに、VRポルノがやってくる

シン・シティー[罪の街]がさらに罪深くなる。VRコンテンツプラットフォームのVR Bangersと、ヘッドセットメーカーのAuraVisorが組んで、ラスベガスのホテルで室内アダルト体験を(バーチャルリアリティー経由で)提供する。

Engadgetが指摘しているように、AuraVisorとの提携は理にかなっている。IndiegogoおよびKickstarterで資金調達した同プロジェクトは、GoogleのAndroid OSを使用した「スタンドアロン」のヘッドセットだからだ。つまり、客はAuraVisorを使うために自分のスマートフォンで何かを操作する必要がない。

ポルノがバーチャルリアリティー技術の主要な予想利用形態であることは間違いないが、その実装にそれなりの障壁がある。一つは衛生面だ。頭や顔に着用するものは、共用する前に適切に消毒する必要がある。さらには汚ない手、等々の問題もある。

(詳細は以下で)
URL
http://jp.techcrunch.com/2016/04/20/20160419vr-porn-is-coming-to-hotels-on-the-las-vegas-strip/

#管理人コメント

キターーーーーーーーーーーーーーーーーー

ついに、AVが、AVが、バーチャルリアリティになりましたよ〜ん!

イメージとしては、別の部屋先にヘッドセットをリンクさせ、アダルト空間を共有するような感じ。

ちなみに、サービス形態としては、

関心を持った宿泊客はクレジットカードで20ドル払って、AuraVisorヘッドセットを部屋に届けてもらう。

このヘッドセットにはあらかじめセクシーコンテンツが塔載されており、ユーザーはバーチャルパートナーの性別を指定するだけでよい。

、、、らしい。

20ドルなら、そんな高いわけでもないんで、気兼ねなく頼めますね。

あとは、ラスベガス限定じゃなく一般家庭に浸透すれば完璧やん、、、

ぶっちゃけ日本だと風当たり強いから、この辺のノウハウの発展は望みにくいし、アメリカに是非頑張って欲しいな。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。