Airbnb、熊本地震の被災者に部屋を無料提供

LINEnewsが下記の報道をしました。

Airbnb、熊本地震の被災者に部屋を無料提供

Airbnbは15日、熊本県で発生した地震に伴い、被災者向けに部屋を無償で貸し出すホスト(住居提供者)の募集を開始しました。
熊本地震の被災者に部屋を無償貸し出し–Airbnbがホストに協力要請

4月20日までにチェックインした被災者は全サービス料を免除。ホストは全員、Airbnbのホスト保証を通常どおり受けられます。

なお、Airbnbのアカウントが無くても部屋を登録可能です。

(詳細は以下で)
URL
http://news.line.me/issue/05a0c40d/e7dd65eef9bc?utm_source=other&utm_medium=share&utm_content=app&utm_campaign=none

#管理人コメント

いいね! 支援てのはこういうのをいうんだろうなぁ、、、

このスピード感と、柔軟性はCtoCの民間サービスならでは。

まず必要なのは住居ですからね。

こういう経緯でサービスが利用されれば、今後ますます普及が見込まれるし、経営判断としても非常に○なんじゃないでしょうか。

こういうマッチングサービスの向上は、多くの人を助ける支援になるな。もっと普及すべき。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。