まるで”タケコプター”!ドローン自撮り棒、現る!

ギズモードジャパンが下記の報道をしました。
(画像と映像は、ギズモードジャパン様より引用しております。)

自撮り棒が超進化、タケコプターみたいな自撮りドローンが出てきました

ハイ、タケコプター!ってやりたくなる自撮りドローンができましたー。

セルフィーを極めてInstgramで人気者になるにはこれしかないかも? という「ROAM-e」は、顔認識機能を搭載した自動で被写体をフォローして空撮してくれる自撮りドローンです。

空中に放つだけで常に25m以内の適切な距離でホバリングしてくれて、スマートフォンとペアリングせずにコントローラーなしでも自動撮影してくれます。2時間の充電で最大20分飛行可能、収納時はプロペラを折りたたみちょうど600mlのペットボトルくらいのサイズになり、重さは500グラムと、持ち歩きも苦になりません。

常に自分の顔を検知し追っかけて撮影してくれるという何よりも忠実な自撮りドローンとして、360°撮影を活用しVRコンテンツづくりの道具として、もちろんパーティー等でみんなが楽しい写真を撮るための道具としても新しくて楽しい用途がさまざまありそうです。

(詳細は以下で)
URL
http://www.gizmodo.jp/2016/04/roamedrone.html

#管理人コメント

自撮り棒が早くも、もうアップデートされてきたようです。

自撮り棒も流行りだしたの最近ですから、そう考えるとやっぱりみんなが使うものは進化が早いなーって感じだね。

ちなみに、このガジェットの大きな特徴は”スマホとペアリング不要”ってとこ。

ユーザーの手を煩わせない、最高の作りだといって良いでしょう。

まさに「いいね!」なガジェットです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。