IT業界、SIerを目指す就活生必見。「IoT」とは?その正体に迫る。

以下、東洋経済のインタビューです。

結局「IoT」で何ができるようになるのか

IoT(モノのインターネット)で社会や生活はどう変わるのか。そのコンセプトをユビキタス(どこでもコンピュータ)として提唱し続け、著書『IoTとは何か』にまとめた東京大学大学院情報学環の坂村健教授に聞いた。

──ご自身が提唱されてきたユビキタスと、IoTとの関係は?

IoT=ユビキタス、IoTが後継という認識でいい。

──IoTは生活やビジネスのスタイルの一大節目になる、と。

コンピュータ史に、汎用大型の実用化から始まってパソコンや携帯電話、スマートフォンの普及といった、その使用が生活やビジネスのスタイルを大きく変える節目がいくつかあった。IoTはスマホ普及の次の段階の大きな重要な節目になる。

インターネットが、主にウェブやメールなど人間のコミュニケーションを助けるものであるのに対し、IoTは、コンピュータの組み込まれたモノ同士がオープンに連携できるネットワークであり、その連携により社会や生活を支援するものだ。

会社や組織、所有者の枠を超えてモノがつながる

──「モノのインターネット」という訳語はわかりにくい。

ルールさえ守ればモノがネットにつながるということだ。

ネットは誰かが仕切っているわけでも管理や制御を行っているわけでもない。基本的にネットにつなげるための通信ルールがあり、難しく言えばTCP/IPというプロトコル、通信の手順さえ用意すれば、世界中のどんな人もネットにつなげることができる。モノのインターネットも同じで、ルールさえ守ればモノがネットにつながる。

IoTはむしろ「インターネットのように」会社や組織、ビルや住宅、そして所有者の枠を超えてモノがつながれる、まさにオープンなインフラを目指す言葉ととらえるべきだ。

(続きは以下で)
URL
http://toyokeizai.net/articles/-/112060

#管理人コメント

管理人は現在SIerで働いてますけど、徐々に徐々にこの「IoT」なるものが中小企業にも認識が広がってきたなぁ、という印象を受けます。

なぜここまで広がったかって、IoTに必須なセンサーとか、タグ、センサーの価格がかなり下がってきたんですよ。

なんで、そんな大きくない企業でも考え出すところが多くなってきたんですね。
(ちなみに、IoTは昔はM2Mって単語で呼ばれていました。厳密には少し違うんですが、時代によって呼び方を変えて出現するようです。)

製造業だと「ものづくり補助金」とかが狙えたりするし。採用の余地は大きくなっています。

IT業界やSIerを受ける就活生はこの辺りの「顧客の状況」も踏まえながら最新技術への興味をアピールすると、かなりポイント高いんじゃないでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。