日本の医療機関の改革の遅さは異常-「お薬手帳」を忘れると、医療費が高くなる?

Yahoo!ニュースが下記の報道をしました。

4月から薬局に「お薬手帳」を忘れると薬代が高くなる? 診療報酬の改定で広まった噂の真相とは

・2016年4月に改定される新しい診療報酬で、薬局を利用する際にお薬手帳を持参すると支払い料金が安くなる場合があるためだが、その差額は最大で「40円」だ。

・厚生労働省は16年度から診療報酬を改定。いくつかの条件はあるが、「お薬手帳を利用すると、医療費が安くなる」ように変更した。具体的には、手帳を持参した場合は、持参しなかった際と比べて管理指導料が120円安くなる。

・今回の改定をめぐっては、一部のネットメディアやまとめサイトなどが、「お薬手帳を忘れると医療費が高くなる」という部分だけを抜き出して伝えた。そのため、ツイッターやネット掲示板などで、批判的な反応が上がった。

URL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160330-00000010-jct-soci&p=2

#管理人コメント

え~そんなことはないようです。笑

お薬手帳を持って来れば、安くなる。というのが正確な表現。

分かりやすく、間違ったこと伝えてしまわないよう注意が必要ですな。

いずれにせよ、病院やら薬局の改革の遅さは異常っすね。

まぁ、医者も薬剤師も、資格で食えてしまっているので、改革なんてしなくていい、ってのがあるんでしょう。

これだから資格はクソなんだ。笑

まったくユーザー目線になってない。

とはいえ、テキトーに医者とか薬剤師決めるわけにもいかないし、なんかうまい方法はないものかねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。