【ケンタッキー】「ちょい飲み」に見る外食市場が本当に取り合うもの

Yahoo!ニュースが下記の報道をしました。

KFCも「ちょい飲み」進出 若い女性取り込み マックは静観

・日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が、東京・高田馬場でビールやワインなどの酒を楽しめる新業態店舗を4月1日にオープンする。

・牛丼チェーン「吉野家」やラーメンチェーン「日高屋」といった先行組は、低価格でお酒が楽しめるとあって、サラリーマンを中心に人気は高い。

・景気の先行き不透明感は強まっているだけに、ちょい飲み市場は今後、さらに拡大しそうだ。

URL
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6195777

#管理人コメント

「ちょい飲み」、今度はケンタッキーが参入だと。

最近流行ってるんですかね~。やっぱ居酒屋とかだと腹いっぱい食べて飲んで、ってなると3000円ぐらいはかかっちゃいますもんね。

それに慣れちゃってるんで、宅飲みとかすると「安っ!」ってなるよね(あるある)。

ちょっと話が逸れるけど、個人的にはこういう外食市場って、外食客の取り合いっていうよりは「飲食時間」を取り合ってる、ってイメージがある。

ってなもんで、飲食店はメニューとか価格以上の「場」を提供できるかが勝負なんじゃないですかね~。

以上、駄文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください