NEC(日本電気)、携帯事業子会社を解散

ITmediaニュースが下記の報道をしました。

NEC、携帯子会社・NECモバイルを解散

・NECは2月29日、子会社のNECモバイルコミュニケーションズを3月24日付で解散すると発表した。携帯端末事業は3月1日付でNEC本体に統合し、NECモバイルは清算手続きに入る。

・従来型携帯電話(フィーチャーフォン)は継続し、14年度実績は売上高約230億円、出荷台数は約75万台。だが「独立会社として運営するには非効率な事業規模」として、携帯端末事業のNEC本体への統合を決めた。

・NECモバイルは15年3月期に1015億円の債務超過になっている。解散に伴い、NECは債権を放棄する。

URL
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/29/news112.html

#管理人コメント

まぁ携帯に限らず、モノはかなり売れにくくなってるからなぁ。

ハードは在庫も設備も抱えるし、負債が膨らむのは当然かも。

これからの時代、ハードウェアベンダーが生き残るには相当なイノベーションを継続して起こさないと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください