私が昔のゲームの懐古をあまり好きでない理由

日経で下記の報道がありました。

ナウいぜ! レトロゲーム 21年ぶりファミコンに新作

[ポイント]

・発売から20年以上がたつレトロゲームが人気だ。単純にして素朴な味わいが、ファミリーコンピュータ(ファミコン)などをリアルタイムで経験していない若い世代や、外国人までひき付ける。過去の十数機種のソフトを1台で遊べる互換機や、レトロ調の新作カセットまで登場。懐古趣味にとどまらない広がりを見せている。

・本数百円から、数万円のレアなゲームまで扱うスーパーポテト秋葉原店(東京・千代田)。店頭では意外に若者が多い。同店はここ3年、売上高が5%ほど伸び続け過去最高を更新している。

・今春にはスマートフォン(スマホ)用のカセットも登場する。サイバーエージェント傘下のシロク(東京・渋谷)が開発中の「ピコカセット」。親指ほどの大きさで、イヤホンジャックに差すとゲームが楽しめる。
-日経Web版より抜粋

URL
http://style.nikkei.com/article/DGXMZO97322860W6A210C1HF0A00?channel=DF130120166014&style=1

 

お久しぶりです。

僕自身、ゲームはよくやってました。

どちらかというと任天堂派で、マリオとかゼルダはそりゃもう死ぬほどやりましたね。

最近はモンスターハンタークロス買って、HR7まで行って放置、、、笑

まぁ中々時間ないっすからねぇ。

とりあえず、僕が反ゲーム派ではないことをご理解いただければと思います。

○懐古は何も生み出さない

やっぱり思い出は美しい、といいますか、、、

基本的に過去に執着したりするのがあまり好きではない。できれば振り返ることもしたくなかったり。

別に過去に何かあったわけでは無く。笑

やっぱり、こういう懐古とか思い出に浸るのって、気持ちいいけど、そこから何かを見出すのって個人としても会社としても非常に難しいと思う。

だから、どうせならその時間を未来のために使いたいなと。

○ただ、スマホゲーはあり

どっちやねんて感じですが!笑

なぜスマホ対応での懐古ゲームがありなのかというと「懐古のための時間がスキマ時間で済む」所だと思ってるからです。

懐古の時間が短いと、時間の損失が少ないってのと、ちょっと前向きになれると考えるからですね。

過去に入り浸り、とらわれるってのがダメなんだと思ってます。

明日から月曜日ですが、皆さん頑張りましょう。笑

以上、駄文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。