介護における虐待って、介護士の待遇の問題なのだろうか?

苫小牧民報およびYahoo!ニュースで下記の報道がされました。

服の上からシャワー 日高の高齢者施設で虐待

[ポイント]

・北海道日高町は10日、町内の高齢者グループホーム「あすなろ」で、入所者への虐待があったことを確認し、施設長が虐待行為の一部を認めたと発表した。

・昨年10月ごろから、入所者9人のうち4人に対し、▽入浴を拒む入所者に服の上からシャワーを浴びせる▽日常的に入所者への過度な叱責、暴言―といった身体的、心理的虐待行為を確認。

・町は、施設を運営する「ひだかあすなろ」に対し今月中をめどに改善計画書の提出を求めており、出された計画書を踏まえて行政指導や処分などを検討する。

-Yahooニュースより抜粋
URL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160211-00010001-tomamin-hok

 

介護業界の虐待、、、無くならないねぇ、、、

虐待について、ちょっと考えてみた。

○低賃金がすべての元凶?

よく介護業界の虐待問題で原因として語られるのが「待遇が悪い」→「職員に不満が出る」→「虐待に走る」というサイクルである、というもの。

私は正直、給与面はどうにもならず、解決できないと思っている。

・まず介護報酬って、源泉が介護保険かなんかで決まってたんじゃないかな?奪い合うお金の限度が決まっているのだから、利益は圧迫されるに決まっている。

それに、一般的に給与とかは「しんどさ」で決まるものではない。介護はある程度「誰にでもできる仕事」なので、給与を高くすることは考えにくい。

だいたいこんな感じ。

まぁ、そもそも「給与が低くて、不満があって暴力振るう」ってよりは、「介護がしんどすぎて、介護業務が暴力気味になる」ってロジックの方がしっくりする。

お金貰ってりゃ虐待してない、ってのはないと思うんですよねー。

○医療改革と技術革新が急務

「じゃあ介護どないするねん」って話なんですが、根本的には「要介護者を減らすこと」「介護職の負担を減らすこと」ぐらいしかないんじゃないかと。

要介護者を減らすには、医療の仕組み、もっというと「予防」が大切ですよね。健康診断なんかを強制的に受けさせるシステムなんかいいかも。

技術開発はパワードスーツなんかが今進んでいて、これからどんどん来るんじゃないですかね。

まぁ、機械より人間の方がはるかに危険で管理しにくいので、可能な限り介護に人的リソースを割かないで良いような仕組みが一番いいのかも。

以上、駄文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください