脳内にスマートデバイス!?

aeae47e156d4dd9cce3cb071df2627bc_w

ギズモード・ジャパンが下記のような報道をしました。

スマホを体に埋め込む未来がいよいよ近づいている

・アメリカのDARPAは脳でコンピューターを操る技術の開発に着手しましたが、脳とコンピューターの距離を近づけようとしているのはアメリカの機関だけではありません。

・ スイスのダボスで開催される世界経済フォーラムの調査によると、世界の産業界のリーダーたちは「体内埋込み型のスマホや自動運転の車、AI(人工知能)、3Dプリントなどが未来技術のトレンドになる」と答えている。

・ 報告では、これらの新技術は数年以内には一般の人々にも受け入れられるとまとめています。確かにドローンによる配達は数年以内に、自動運転の車も2020年ごろには実用化する目処が立っています。そして、スマホの埋め込みが起きうるのは2023年まで。7年後には体内型iPhoneや体内型Xperiaが登場するのかも?

ギズモード・ジャパンより引用

URL
http://www.gizmodo.jp/sp/2016/01/20160122nphone.html

引くぐらいワクワクするテクノロジの話。
その実用性、活用性はいかがなモノなのでしょう?

○日常生活、どう変わる?

考え出したらキリがないですけど、ヘルスケアの精度は確実に向上するでしょ。

毎日擬似健康診断受けられるんなら、こんな良い予防策ないですね。

あとは、コミュニケーションは飛躍的に伸びる。

既読無視がいよいよ出来ないですな!笑

○未来の歩きスマホは??

まぁ課題はいろいろあるでしょうね。

安全性は当然のこと、周囲への注意散漫、イタ電のうざさなど、、、笑

まずは安全性さえ確保出来れば、他は既存のマナーモードの延長で可能だと思います。

機器の入れ替えとかはどーなるんやろ、、、

想像したら夜も眠れないですが、楽しいことに間違いないので、こういう技術向けのビジネスでも考えておきましょうか!

以上、駄文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。