Amazonのドローン配送の現状

-shared-img-thumb-N811_commandkey_TP_V

Infoseekが下記のように報道しました。

注文から30分でドローン配送の詳細…Amazon Prime Airの現状判明

[ポイント]

・アマゾンは、独自にドローンを開発することまでして、空からのスピード配送「Prime Air」の新サービス実現を目指してきました。Prime Airは、Amazonでオンライン注文を受けてから、お客さまに30分以内で商品パッケージをお届けする未来の配送サービスです。

・Prime Airに用いられるドローンは、すべて完全に自社開発モデルとなるそうだ。各配送エリアの気象条件に応じて、もっとも適したモデルが採用されるよう、複数のモデルが用意されているとのこと。

・Prime Airで問題視されているのは安全性。しかしながら、Misener氏は、こんなふうに標準搭載されている障害物回避のための「センス・アンド・アボイド」技術について説明し、非常に安全な新配送システムになることを強調する。

URL
http://news.infoseek.co.jp/article/gizmodo_isnews_109055?ptadid=

 

近未来システムの代表的な存在のドローン。Amazonは早期より自社でドローンを開発し、運送に活かす方法を模索してきました。

○ドローンが作る未来

AmazonPrime等の運送でドローンを利用する形はイメージしやすくて、便利そうなのが目に浮かびます。

他には棚卸で利用するパターンも考えられてるそうです。

ドローンが倉庫を飛び回り、赤外線のタグを読み取り、棚卸作業を行うとのこと。

いやー、棚卸はしんどいですからね。棚卸あるある。

○日本はどーなるの?

ここで気になるのは日本での今後の状況です。

ぶっちゃけ日本はドローン後進国ですよね。技術はあるんでしょけど。

首相官邸にドローンが落ちてから、規制が掛けられ出して、余計動きづらくなりました。

技術に関しては、ドローン製品を海外から輸入すればいくらでも持ってこれるんでしょうけど、、、

法律とか規制の壁はなかなかなー。

日本が近未来のシステムを受容するにはもう少し時間がかかるかもしれませんね。

以上、駄文失礼致しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。