コンビニで外貨両替!?

-shared-img-thumb-MOK_ichimanensatu2mai_TP_V

1月20日の日経新聞にて下記の報道がありました。

ファミマに外貨両替機 訪日客向け20年度までに1000店

[ポイント]

・ファミリーマートは店舗に外貨を日本円に両替できる自動外貨両替機を設置する。

・年2000万人近くに達した訪日客の買い物の利便性を高め、消費を取り込む。

・英語や中国語など4カ国語に対応でき、10円単位まで両替できる。24時間使えるため、訪日客が日本にいる間、日常的に使う現金を引き出す拠点として利用を促す考えだ。

日経新聞1月20日 朝刊より引用

URL
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19I1U_Z10C16A1MM8000/

 

先日キュレーションした、公衆電話のアップロードのコンビニ版というイメージが近いかも。

コンビニも便利ですが、それだけでは競争に勝てない時代に突入しつつあります。

○コンビニのカギは”拠点”!?

最近のコンビニの進化で言うと、”拠点化”という共通項があるかと思います。

例えば、コンビニでの荷物受け取りといった物流拠点化。

様々な手法で、インバウンド需要を起こすことが急務です。小売りだけでは厳しいですからね。

それでいうと、外貨両替の受付は訪日客にとって拠点化といってよいと思います。

○円→外貨が出来れば理想的

現在は想定していないようですが、円を外貨に両替することに対応できれば完璧ですね。

これなら日本人の需要も見込めますし、何より外貨貯蓄とかがもっと身近になります。

外貨貯蓄ってまだまだ一般人には割とハードル高いと思うんですけど、ここが身近になれば国民全体の投資意識が上がるんじゃないですかね。

「コンビニに行けば大抵のことは出来る」そういった世の中に早くなってくれないかなぁ・・・

以上、駄文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。