公衆電話を最先端設備にアップデート!?

-shared-img-thumb-TSU88_yamitel_TP_V

ギズモード・ジャパンが以下のような報道をしました。

生まれ変わる公衆電話…無料充電、タブレットにWi-Fiスポット完備!

[ポイント]

・めったに利用されなくなった公衆電話。しかし、災害発生時の緊急インフラなど、依然として重要な役割をになっていることは確か。もっと皆が使いたくなるような、現代にふさわしい公衆電話に進化できないものでしょうか?

・米国のニューヨークでは、公衆電話を次世代の新システムに切り替えるプロジェクトが進行中。
その名も「LinkNYC」というプロジェクト名で、着々と魅力的な次世代公衆電話への切り替え作業が浸透していっています。多くは既存の公衆電話をアップグレードする形で、ギガビットのインターネットインフラを装備した専用ステーションの設置を進めます。

1Gbpsの高速通信が可能な無料Wi-Fiホットスポット機能を装備。同時にスタンド本体には、Androidタブレットが埋め込まれており、だれでもインターネットを無料で利用できます。ちなみにタブレットそのものがビデオ通話できる公衆電話になって、ダイヤルすれば無料のIP電話ができる仕組みになっています。

ギズモード・ジャパンより引用
URL
http://www.gizmodo.jp/2016/01/wi-fiinknyc.html

 

既存のモノがアップデートされていく、、、ヒジョーにワクワクする話。

○古き良きものはアップデートが鍵!?

この公衆電話の話、聞いてるだけでワクワクするし、早く日本でもやらないかなー、って感じしません?笑

公衆電話に限らずですが、古くても価値の認められるものは積極的にアップデートしたり、コラボレートするべきだと思うんです。

社会にそぐわなくなったのであれば、社会に合わせて作り直せばいい。シンプルな話です。

カルチャーで言うと、歌舞伎なんかはワンピースとコラボして、上手い感じに残ってますよね。

○難しいのは先読み?

こういうのはやはりスピードが命じゃないですかね?

アップデートしてる間に社会が先に進んで、結果古臭いものが出来るってのは良くある話ですから。笑

こういったアップデートは、民間でスピード感を持ってやってほしいところですが、、、収益構造をしっかり作るのが簡単ではないので、その辺りは難しいですね。

以上、駄文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください